>  >  > チーム8 小田えりな、歌唱力に迫る

グループ随一の歌唱力! AKB48チーム8 小田えりなの魅力に迫る「目標は横アリでソロライブ!」

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、全国47都道府県より集まったメンバーで構成されるAKB48チーム8が、デビューから今年で3年目を迎えた。チーム8は全国のコンサートやイベントに多数出演し、ファンは全国津々浦々チーム8が行くところに応援に駆け付けるほどの熱狂的人気を誇っている。

 47人いるチーム8の中でも特に歌や舞台、バラエティとマルチに活躍しているのが、神奈川県代表の小田えりなだ。小田はAKB48グループにおいても抜群の歌唱力を誇る上に、今年は『マジすか学園~Lost In The SuperMarket~』『絢爛とか爛漫とか』などの舞台にも出演していた。最近ではソロで自身のラジオの冠番組を持ち、『AKBINGO!』(日本テレビ系)ではイメージとかけ離れた“すしざんまい社長”のモノマネを披露するなど、様々な場面で注目を浴びている。

 今回、小田本人にコメント取材する機会を得た。その歌唱力に纏わる音楽的ルーツから、舞台、バラエティなど、マルチに活躍する一人の“小田えりな”が目指す立ち位置について迫った。

「横浜アリーナでソロライブができるような人になりたい」

 小田の歌唱力は、チーム8の枠を超え、AKB48グループ全体としても随一の評価を受けている。AKB48の最新シングル『ハイテンション』の収録曲であり、チームボーカルによる楽曲「また あなたのことを考えてた」では、チーム8から唯一メンバーに選出された。チーム8のライブや劇場公演ではソロで歌うことも多いその実力は、2015年10月放送の『AKBINGO!』の歌企画「第4回ディバチャン」で証明されている。小田は並みいるAKB48グループの先輩達を制し見事優勝。2016年6月に同じく『AKBINGO!』で放送となった、AKB48グループのメンバーが自らの恋愛体験を基に作詞に初挑戦した「第4回コイウタ大賞! 恋愛体験をもとにガチ作詞」の企画でも、小田は小学生時代のキャンプファイヤーの体験を元に作詞した「愛のキャンプファイヤー」を歌唱し優勝を果たした。<運命の時がやってきた 修学旅行のキャンプファイヤー>という力強い歌い出しから、<神様ひとつだけ願いを聞いて 吹き出した手汗を止めて>といった好きな男子への心境を伸びやかな歌声に乗せ伝えていた。

 筆者のコメント取材において「歌う時は気持ちを込めることが重要で、楽しんで歌っています」と歌唱する際に心がけていることを明かしてくれた。笑顔で楽しそうに歌う小田の歌う姿は印象的だ。続けて小田は「好きな歌を歌うことしかやってきませんでした。自分で歌が上手という認識はなかった。ただ歌が好きなだけでした」と昔から歌うことが好きだったと語る。「今では『歌が上手というキャラ』で覚えられてしまい、歌を披露すると『歌が上手という目で見られる』のでプレッシャーもある」と歌が上手いことでの重圧も感じているようだ。

 「アイドルの曲も聴いていたけど、私はロックバンドが大好きだったので、それをきっかけに『歌いたいな』という気持ちになりました」と語る小田は、中学2年生の頃からBUMP OF CHICKENやRADWIMPSなどを聴き、その影響でギターも弾き始めた。小田の音楽のルーツはロックバンドにあるという。最近ではSHOWROOMの放送でもギターを披露している。「もっとギターが上手になったら、チーム8のライブなどでも披露したい。いつかは横浜アリーナに立ちたいですね」とソロとしての目標を明かしてくれた。

 AKB48グループの先輩メンバーでは、渡辺麻友や柏木由紀、高橋みなみなどがソロシンガーとして活動している。山本彩はNMB48加入前よりシンガーソングライターへの道を目指しており、先日自身が作詞・作曲も担当したアルバムのリリースとツアー開催を果たした。「将来は山本彩さんみたいに作詞、作曲もできるシンガーソングライターになりたい。いつかテレビで歌ったり、横浜アリーナでソロライブができるような人になるために、作詞作曲をこれからもやっていきたい」と将来の夢を語った。

20161128-akb82.jpg

 

      

「グループ随一の歌唱力! AKB48チーム8 小田えりなの魅力に迫る「目標は横アリでソロライブ!」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版