岡崎体育、Mステ出演でさらなるブレイクなるか? リスナーに訴求する“2つの魅力”

 岡崎体育の“もう一つの魅力”であるというバラードについて、ふくりゅう氏は以下のように解説する。

「ギミックの効いた笑える動画センスは、あくまでバズを起こすための入り口であり、岡崎体育の本質は同郷である京都の先輩・くるりの岸田繁顔負けの名曲を生み出せる、ポップセンスを持ったシンガー・ソングライターだと思っています。王道感ある切ない名曲『エクレア』『スペツナズ』、そして商品化されていない3年前に作られた『鴨川等間隔』には、そんな彼の魅力があらわれています」

 最後に、ふくりゅう氏は彼の今後に対し、こう期待を寄せた。

「動画やライブで打ち出される笑いのセンスは、今後、より時代とシンクロする可能性があると思います。彼自身のフォーマットが確立されているので、CMタイアップなどもどんどん舞い込んで来そうですよね。それと並行して共感度の高い言葉の力、泣けるせつないメロディを持つ楽曲を生み出せる才能も発揮されることにも期待したいです」

 今回のMステ出演を機に、岡崎はさらなるブレイクを果たし、ふくりゅう氏が解説したような“もう一つの魅力”を発揮することができるか。

(取材・文=中村拓海)



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる