>  > 島爺が語る、初作品の挑戦と覚悟

1stフルアルバム『冥土ノ土産』インタビュー

島爺が語る、初作品の挑戦と覚悟 「歌い手としての人生が終わってもいい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「とにかく垣根をなくしたほうが面白い」

160622_symag_3.jpeg

 

ーー最後には書き下ろし曲の「OVERRIDE」(Music:岩見 陸/Lyrics:ナナホシ管弦楽団)が収録されました。その経緯についても聞かせてください。

島爺:最初は誰にもお願いしないつもりだったんです。このアルバムを出すことでもしかしたら歌い手として終わってしまうかもしれない……という思いがある状態で、他の人に書き下ろし曲をお願いしてもいいのか、という心苦しさがあって。それでも、これまでの活動を振り返ったときに、ナナホシ管弦楽団さんの曲はたくさん歌わせてもらったし、この人になら、頼んでも思いを汲んでくれるんじゃないかなと思ってお願いしました。

ーーただ一言、「速いのを」とだけリクエストされたそうですが、言葉の端々に粋な感じがあり、島爺さんにピッタリの楽曲に仕上がっていますね。

島爺:受け取って、ただただびっくりしました。僕の今の状況というか、気持ちを汲んで、僕になり変わって言葉にしてくれていることがすぐにわかりましたし、 想像以上の楽曲で笑ってしまうくらいでしたね。タイトルの「OVERRIDE」も、「命令を無視する」「くつがえす」「無効にする」のような意味で、自分の信じる道を突き進んでいくような力強さがあって、好きな単語です。自分でも久しくオリジナル曲を作っていなかったので、「僕のために作っていただいた曲かぁ」と思うと少しこそばゆかったですね(笑)。

ーー自分で曲を書く、という選択肢はありませんでしたか?

島爺:それはワーナーさんからも言われましたね。ただ、僕自身が曲作りから離れていましたし、もっと大きいのは、“歌い手・島爺”の作品なので、自作曲を入れるのはちょっと違うかな、と思いました。ルール違反じゃないか!って(笑)。

ーー今後はどうでしょうか。今作の制作で、刺激を受けた部分もあるのではと。

島爺:それは単純にあります。今回はパラ音源をいただけたことで、一から曲を組み立てるミキシングについても勉強になりましたし、アーティストとして発表するかは別として、曲作りはやっていこうかな、と思っています。

ーー期待しています。初回特典のギター弾き語りによるJ-POPカバー集も話題になっています。「糸」(中島みゆき)や「歌うたいのバラッド」(斉藤和義)、「悲しくてやりきれない」(ザ・フォーク・クルセダーズ)など、有名曲が揃いましたが、どこか哀愁がある、渋い選曲だと思いました。この企画はどう立ち上がったのでしょうか?

島爺:打ち合わせの時に「ギターが弾けるなら弾き語りはどうですか?」という話があって、それはアリやなあと。

ーー先ほどお話に出た録音芸術的な作り込みとはまた違う内容ですが、生歌/生演奏を音源にする、ということについてはどうでしたか?

島爺:確かに、まったく対極のものという意識はありましたね。今回、作品を作るにあたっていろいろなチャレンジをしてきましたけど、一番デカいチャレンジやったんちゃうかな、と思います。ギターもあまりうまくないし、かなり緊張しました(笑)。

ーーあらためて、選曲についてはいかがでしょうか。

島爺:初回限定盤のみに収録ということで、コアなリスナーの方しか聴かないだろう、という思いがあって。そういう方であれば、ボカロ曲であるかどうかとか、今流行っている曲であるかどうかとか、そういうことは一切関係なく、名曲を歌えばちゃんと聴いてくれるだろうと。僕が個人的に名曲だと思う曲で、かつ弾き語りが難しくなさそうな曲を選びました(笑)。

ーー例えば、カラオケなどでもよく歌う曲が多かったですか?

島爺:あ、考えてみると、カラオケではほとんど歌ったことがないですね。好きで聴いてきた曲です。

ーーなるほど。歌い込んでいないからこそ、カラオケではなく、一曲一曲がしっかり、島爺さんならではの表現になっているのかもしれないですね。さて、先ほどは動画投稿を始めた当時、「メジャーシーンが面白く思えなかった」というお話もありましたが、現在のシーンについてはどう捉えていますか?

島爺:少しずつ面白くなりそうな気配に変わっていると思います。例えば米津玄師さん、ぼくのりりっくのぼうよみさん、岡崎体育さんのように、一風毛色の変わった方々と言いますか、そういうアーティストが出てきていますね。僕にはそれが自然発生的というか、無理やりな個性派ではなく、このタイミングで生まれるべくして生まれたアーティストに思えるんです。一方で、ライブハウスからの叩き上げでメロコアが息を吹き返して来たりもしていて、「CDは金にならんライブしろグッズ売れ」と叫ばれる昨今、ライブハウスでシンプルに耳に体に訴えかけるメロコアもまた、このタイミングで復活するのが必然だったんだろう、と感じています。この「何か楽しくなりそうな気配」が途絶えないよう、一音楽ファンとして祈るばかりですね。いずれにせよ今、または今後数年内に出てくるアーティストは、「音楽は金にならん!」と言われ続けながら、音楽を続けてきた人たちだと思うので、業界としても、そのことを頭の片隅に入れておいていただければうれしいなと。

ーーありがとうございます。今作は動画サイトのリスナーとはまた違う人たちにも届いていくと思います。どんなふうに聴いてもらいたいですか?

島爺:音楽を始めてから、ずっとやりたいようにやってきたので、皆さんにも聴きたいように聴いてもらえたらうれしいです。僕はリスナーとして、作品にまつわる数字――再生数がどうだとか、そういうことはまったく気にせず音楽を楽しむのが大事だと思っているので、まっさらな状態で聴いていただければと。ボカロ曲だ、メジャー曲だ、というのもそうで、とにかくいろいろな垣根をなくしたほうが面白い!と思っています。

(取材・文=橋川良寛)

■リリース情報
『冥土ノ土産』
発売:2016年6月22日
初回限定盤 CD2枚組:¥2,700(税抜)
・初回生産分限定 J-POPカバーCD(島爺ノ弾き語り独りライブver.)同梱 豪華スリーブケース仕様
通常盤」¥2,300(税抜)
・初回生産分限定 オリジナルステッカー(爺ちゃんが歌っています。)封入

〈初回限定盤 収録曲〉
M-1 ブリキノダンス
M-2 ぶっ壊したい
M-3 チルドレンレコード
M-4 メアの教育
M-5 MISTAKE
M-6 undo:redo
M-7 HATED JOHN
M-8 鉄の弦の感情。
M-9 ひよこと天秤
M-10 月陽-ツキアカリ-
M-11 鳥籠の中
M-12 真夜中と混線少年
M-13 Calc.
M-14 オレンジ
M-15 すろぉもぉしょん
M-16 初音ミクの消失
M-17 OVERRIDE
Disc-2
M-1 ヒトリノ夜(ポルノグラフィティ)
M-2 島唄(THE BOOM)
M-3 糸(中島みゆき)
M-4 歌うたいのバラッド(斉藤和義)
M-5 悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズ)
M-6 サヨナラCOLOR(SUPER BUTTER DOG)
M-7 すばらしい日々(ユニコーン)

〈通常盤 収録曲〉
M-1 ブリキノダンス
M-2 ぶっ壊したい
M-3 チルドレンレコード
M-4 メアの教育
M-5 MISTAKE
M-6 undo:redo
M-7 HATED JOHN
M-8 鉄の弦の感情。
M-9 ひよこと天秤
M-10 月陽-ツキアカリ-
M-11 鳥籠の中
M-12 真夜中と混線少年
M-13 Calc.
M-14 オレンジ
M-15 すろぉもぉしょん
M-16 初音ミクの消失
M-17 OVERRIDE
M-18 パラノイド(Bonus Track)

■「冥土ノ日帰りバスツアー」キャンペーン特設サイト
http://wmg.jp/symag/meido/

■全曲クロスフェード動画公開中
http://wmg.jp/artist/symag/news_70953.html

■6/16より渋谷スクランブル交差点前ロングボード掲出&6/17よりシブヤテレビジョン(7ビジョン)15秒CM放映中
http://wmg.jp/artist/symag/news_70955.html

■MISTAKE ニコニコ動画(100万再生達成)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21183463

■オフィシャルサイト
http://sp.wmg.jp/symag/

「島爺が語る、初作品の挑戦と覚悟 「歌い手としての人生が終わってもいい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版