Leola、『ラヴソング』出演で見つけた新たな挑戦「その瞬間の自分を生かしていきたい」

Leola、『ラヴソング』出演で見つけた新たな挑戦「その瞬間の自分を生かしていきたい」

160606_leola_2.jpeg

 

「歌う人によって伝わり方や伝え方は変わる」

ーーいいハードルができましたね。ドラマのなかでは、実際にLeolaさんのデビュー曲「Rainbow」を歌うシーンもあるようなのですが、通常のライブや歌番組ともまた違った感覚だと思いますが、実際いかがでしたか。

Leola:歌番組のセットをそのまま借りて、その番組に出演している設定で歌わせていただいたんです。Leolaとしてテレビ歌唱自体ほとんど経験がなくて、その時点でも緊張するのに、さらにLeolaとしてでなくシェリルとして歌わなきゃいけなくて。しかもLeolaのデビュー曲「Rainbow」を(笑)。

ーー頭がこんがらがりそうです(笑)。

Leola:複雑だなと思いながらやっていました。シェリルは、歌番組で歌うのは朝飯前よって感じに見えなきゃなって思ったので、ここでは一旦、Leolaは置いて歌いました。なので、いつか、Leolaとして出演させてもらえたらと。

ーーメンタルはシェリルだけれど、歌声はLeola、という感じもあるんですか?

Leola:Leolaではいつもギターを持って歌うんですが、シェリルでは持たずに歌うことがまず違いますね。そこでもLeolaとしてとはまた違うステージで、いつものステージよりもクールに見えるようにというのを心がけたので、もしかしたら声色も変わっているかもしれないです。

ーー改めてすこし違った角度で「Rainbow」を歌ってみて、曲の捉え方に変化もありましたか。

Leola:Leolaとして歌う「Rainbow」はみんなにハッピーになってもらいたいという気持ちで。どこで歌うときも、みんなで楽しみたいし一緒に歌ってもらえたらいいな、踊ってもらえたらいいなという気持ちで歌っているんですけど。シェリルは、“これをやれば喜んでもらえるんでしょ?”という人なので。たぶん、ちょっと上から目線の曲にもなっているのかもしれない。同じ歌詞で同じメッセージ、同じメロディでも、歌う人によって伝わり方や伝え方は変わるんだなと思いました。

ーーちなみにLeolaさん自身は、“シェリル度”はゼロ?

Leola:自分のなかには、そうですね。ただ音楽が好きっていうことは一緒だと思います。シェリルも、仕事に関してはすごく熱心な人で。イヤな人だけど、率直にこれはいい悪いと言えるっていうことでいうと、かっこいいなと思うし。ストレートに制作や表現に向き合う意味では、わたしもそうでありたいなと思いました。

ーー初のドラマ出演で、現場の雰囲気はどうでしたか。

Leola:なんかもう、その場にいるのに必死で(笑)。でもとても穏やかな現場だと思うんです。撮影のチームのみなさんも温かく迎えてくれて、みなさんとても仲が良くて、素敵な現場だなと思ったんですけど。そういうことに気づけたのは、後半になってからで。それまでは、どういうふうに撮影が進んでいくのか、カットがかかって、確認する時にどこにいたらいいのかもわからなかったので。いつでも呼ばれたら「はい!」って行けるようにしていました(笑)。ずっとキョロキョロしている内に、1日たっていましたね。

ーー共演者の方とはお話は?

Leola:役としての接点では、シーンは福山雅治さんとご一緒だったので。福山さんに声をかけていただいて、少しお話をさせていただいたんですが、それも後半になってからですね。演出家の方やスタッフの方とはよくお話をしていました。

ーー佐野さくら役の藤原さくらさんとは、直接共演するシーンはないんですか。

Leola:同じシーンはないんです。ないんですけど、打ち合わせでスタジオにお邪魔したとき、廊下でお会いしてびっくりしました。すごく遠くの方から、「あれ?」って気づいてくれて、さくらさんのほうからご挨拶してくれて。「いつも曲聴いています」って言ってくださって。「いやいやこちらが聴いてます!!」っていう、わちゃわちゃした対面になっちゃったんですけど(笑)。でも本当にあのままのキャラクターで、素敵な方だなあと思いました。

ーー藤原さくらさんとは、デビュー時期も近いですよね。

Leola:でも、私自身はデビュー前から彼女の曲を大好きで聴いていたんです。だから『ラヴソング』のヒロイン役に抜擢されたのを見た時も、すごいなあって思って見ていて。本当にいちファンだったんですよね。もちろん、デビューしてこれからスタートしていく同じような立場としては、一緒に頑張れたらいいなとか、もっともっと追いかけられたらいいなとか思っているんですけどね。負けずに頑張りたいと思います。

ーードラマはここからクライマックスに入っていくところですが、Leolaさんの撮影もまだ残っているんですか。

Leola:そうですね。まだ残っていて、ありがたいことに参加させていただきます。シェリルは佐野さくら(藤原さくら)さんと対比でみられる役柄なので、そこに福山さんが演じる神代広平さんがどう関わっていくのかっていうところは面白いところかなと思います。

160606_leola_3.jpeg

 

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!