>  > 大所帯バンドSFMが目指すポップス

1stアルバム『World`s Magic』リリースインタビュー

大所帯ポップバンド Special Favorite Musicが目指す“プリミティヴなポップス”「常に空き地を探して、自分たちのゲームをしていたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20160517-sfm.jpg

 

「自分らが生きてる時代や街の空気、考えてることや着てる服、そういうものを切り取りたかった」(クメ)

――あと、Special Favorite Musicの音楽性は、日本の歌謡曲に近い要素と海外のインディーシーンがいい意味で混ざり合っていますよね。このバランス感はどのようにして保っているのでしょうか。

クメ:そこはあまり意識的に考えているわけではないですが、今回のアルバムを通してサウンドの面で考えていたのは“なるべく幅を持たせたい、このバンドで僕らが考えている色んな面を見せたい”ということですね。自分らが生きてる時代や街の空気、考えてることや着てる服、そういうものを切り取りたかった。僕は基本的に音楽はそういうものだと考えていますし、その結果として、SMAPを聴いた後<STONES THROW>から出る新譜を同じ気持ちで聴いてるような自分たちの音楽についても、色んなものが交差するようになったのはすごく自然なことかなと思ってます。そういう意味で「Ghostopia」も重要な曲かもしれません。

――「Ghostopia」はヒップホップのようなビートのアレンジが特徴的な一曲です。

クメ:最初はビートを録って、家のDX-7で音源を作って、みんなに重ねてもらいました。ベースの渋ちゃん(シブタケイイチ)なんかは黒人音楽に詳しくて、沢山教えてもらうし影響を受けるし、そういう会話が沢山あった。そんなやり取りが2016年に、音楽作ろうとしてるやつらの間では確かにあったんだぞという、記録みたいなことを残したかったんです。

――なるほど。『ROMANTICS』以降、Special Favorite Musicはムーディーな作品が続いていますが、その理由は?

クメ:リスナーとしてレイドバックしている曲を多く聴くようになったことと、スタジオで合わせる中で感じるグルーブから、速いテンポの曲だけでなくて、ストーリーのあるライブをしたいと思うようになったんです。あと一番大切なのは、生きる中で感じる悲しみとかどうしようもなさと、それを乗り越える希望や光を表現したいというアルバムのテーマがあったので。楽しいという感情だけじゃなくてマイナスの感情もちゃんと表現して、そこにしっかり光を当てていくアルバムを作りたい、このバンドの音楽はそのためにあると思いました。その結果として完成したのが『World’s Magic』です。

20160517-sfm9.jpgシンジョウカツヤ(左)とフルカワユウタ(右)

――是非はさておき、“シティ・ポップ”という単語で括られる若いバンドが多数登場したのがここ数年で、リスナーからその代表格とされていたceroは、アカデミックなアルバムを作ってそのシーンとは別の次元へと進みました。一方でSpecial Favorite Musicは、アカデミックなメンバーが集まって、過去のポップスにおける良質な部分を再発見し、あえてアウトプットしている。そんな部分に、いちリスナーとして面白さを感じます。

クメ:意識してそうなりたくないから曲を変えるということはないですが、一つのところに留まらないようにはしています。

オクダ:常に空き地を探して、そこで誰もやってない自分たちのゲームをしていたいんですよね。そういうプリミティヴな欲求が単純に強いバンドなんだと思います。

――バンドはアルバムを作り終えて、いまどういうモードに入っているのでしょうか。

クメ:アルバムを録り終わったのが3月で、ミックス・マスタリングが終わったのは4月なので、まだ言葉で言い表しにくいですね(笑)。でも、「Ghostopia」と「World’s Magic」はライブで演奏していないので、これらの曲をやることでどうライブが変わっていくかは楽しみです。

(取材・文=中村拓海/写真=齋藤瑞紀)

■リリース情報
『World’s Magic』
発売:2016年5月4日(水)
価格:2,000円+税

<収録内容>
1. Baby Baby
2. Magic Hour
3. Dribble
4. Future
5. Ghostopia
6. GOLD
7. Today Tonight
8. World’s Magic

■ライブ情報
1st Album “World’s Magic” release party TOKYO / OSAKA

『Special Favorite Music presents LEISURE #4』
1st Album “World’s Magic” release party TOKYO
日時:2016年7月18日(月・祝)
会場:渋谷 TSUTAYA O-NEST
詳細:TBA 

『Special Favorite Music ONEMAN SHOW』
1st Album “World’s Magic” release party OSAKA
日時:2016年8月7日(日)
会場:大阪NOON
詳細:TBA 

[HP] http://specialfavoritemusic.com
[Twitter] https://twitter.com/spcl_fvrt_msc

「大所帯ポップバンド Special Favorite Musicが目指す“プリミティヴなポップス”「常に空き地を探して、自分たちのゲームをしていたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版