Perfumeとももクロ、今の共通点は? 同時チャートインの楽曲から分析

20150509-momoiro.jpgももいろクローバーZ『『Z』の誓い(『F』盤)』

 一方、ももいろクローバーZ「『Z』の誓い」は、映画『ドラゴンボールZ 復活の『F』』の主題歌となっている。こちらも大型タイアップだ。

 2015年に入ってからのももクロは、KISSとのコラボシングル「夢の浮き世に咲いてみな」と東京ドームでの共演、平田オリザ原作の主演映画『幕があがる』とその主題歌「青春賦」、さらには同作の舞台上演と、とにかく大きなコラボの話題がたて続けに届けられる状況となっている。もちろん、この曲もそう。MVでも『ドラゴンボール』の孫悟空やベジータにメンバー5人成りきってかめはめ波や魔貫光殺砲を放つという内容になっている。

 作詞を手掛けたのは「CHA-LA HEAD-CHA-LA」など数々の『ドラゴンボール』の主題歌を手掛けてきた森雪之丞。作曲はNARASAKI、編曲はNARASAKIとゆよゆっぺが担当し、アニソンらしいヒロイックなメロディを得意のヘヴィ・ロックのテイストに料理している。「ドラゴンボール×ももクロ」というコラボから想像される通りの、「様式美」と言っていい仕上がりと言える。

 CDシングルのランキングこそ4位であるが、公開されたばかりの映画『ドラゴンボールZ 復活の『F』』は興行収入30億を超え前作を上回る大ヒット、自身が主役をつとめた『幕が上がる』も興行収入1億を超えるスマッシュヒットを記録している。2ヶ月連続で主題歌をつとめた映画がヒットしている状況は、やはりももクロの衰えぬ勢いを象徴していると言えるだろう。

 楽曲から見えてくるのは、どちらも「保守」で「盤石」な2つのグループの今、なのである。

■柴 那典
1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。出版社ロッキング・オンを経て独立。ブログ「日々の音色とことば:」Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる