>  >  > 東方神起の音楽性はどう変化した?

市川哲史の「すべての音楽はリスナーのもの」第13回

市川哲史が読み解く、東方神起とK-POPの10年間

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この春、音楽誌やらカルチャー誌の表紙巻頭特集で何度も見かけた東方神起だが、10周年記念特集なのに5人時代の写真をついぞ1枚も見ることはなかった。

また昨年暮れのJYJ@全国ドーム公演で、東神時代の楽曲が曲間の鼻歌以外で唄われることもなかった。著作権上、三人は唄えないらしい。かといって二人東神が唄っても、未だに唄いこなせてはいない。悩ましいねぇこのジレンマ。

でも、どこまでも機能的な商品仕様に徹した優秀な産業ポップ・ミュージックであるK-POPにだって、こんなに人間くさい恩讐伝説が一つくらいあってもいいじゃない、と私は心底面白がっているのである。

■市川哲史(音楽評論家)
1961年岡山生まれ。大学在学中より現在まで「ロッキング・オン」「ロッキング・オンJAPAN」「音楽と人」「オリコンスタイル」「日経エンタテインメント」などの雑誌を主戦場に文筆活動を展開。最新刊は『誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論』(シンコーミュージック刊)

「市川哲史が読み解く、東方神起とK-POPの10年間」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版