次世代シンガー・夏代孝明がメジャーデビュー!「補助照明のように、リスナーに寄り添う作品を」

「いまのニコ動はランキング主体で、いいものを“探す”人が減っている」

――さて、いよいよメジャーデビューとなりましたが、今後もニコ動での活動は続けていきますか?

夏代:そうですね。僕の活動の主体になっている部分でもあるし、表現の場であり、趣味の場でもあるので、動画のアップロードは続けていきたいです!

――長く応援してきたファンも安心したと思います(笑)。ニコ動での音楽シーンもめまぐるしく変わっていますが、夏代さんはどう見ているのでしょうか?

夏代:新しい人が出てきづらくなっているかもしれませんね。僕が初めて投稿した時期は、新しいクリエイターや歌い手がたくさん出てきていて、出会いも多かったんですけど、最近は決まった人しか目立たないし、辞めていってしまう人も多いように思えて、寂しい感じがします。

昔はリスナーの側にも、自分が好きなれる歌い手やボカロPさんを“探す”人が多かったと思うんです。ランキング主体で考えるのではなく、自分の感性で選んでいたというか。最近はどちらかと言うと、有名な人の曲をたくさん聴いて、有名な人のライブイベントに参加して、という楽しみ方になっているんじゃないかなって。

――同人的なものから、それだけメジャーなものになってきている、ということかもしれません。

夏代:そうですね。それも良し悪しだと思うのですが、以前のニコ動の魅力を忘れないように、僕も再生数が伸びていなくても自分が好きな曲を歌わせていただこうと思っています。

――ちなみに、ニコ動以外では、どんな音楽を聴いていますか?

夏代:最近好きなのは、SUPER BEAVERさんですね。アニメ『ばらかもん』の主題歌になった「らしさ」も好きだし、「あなた」や「ありがとう」も好きで。ボカロPのKEI(ハヤシケイ)さんもそうなんですけど、僕が好きなアーティストに共通しているのは、歌詞もコード進行も難しいことをしていないのに、めちゃくちゃ刺さるところ。奇をてらわないコード進行を突き詰めると、スーパーのBGMに近づいていくと思うんですけど、メロディのニュアンスとボーカルでメッセージを届ける、という力がスゴくて。おこがましいんですけど、聴いていて悔しくなったりしますね。自分もこんな歌が歌いたい!って。

――夏代さんのメッセージも、このアルバムで多くの人に届いていくと思います。どんな人に、どんな気持ちで聴いてもらいたいですか?

夏代:迷っていることがある人や、何かに苦しんでいる人に対してのアプローチを真剣に考えて制作したので、そういう人に寄り添える作品になったらうれしいですね。僕のことを知っている人は昔からの変化が楽しめる一枚にもなっていると思いますし、僕のなかの引き出しを目一杯使ったので、初めて聴く方も飽きさせないアルバムに仕上がったと思いますので、できればたくさんの人に聴いてもらいたいですね。

――新年から1stアルバムのリリースという大きな動きがありました。最後に、2015年はどんな年にしたいですか?

夏代:2014年は最後にワンマンライブをしたり、このアルバムを制作したりと、これまでの活動の集大成のような一年でした。だから、今年は新しいことに挑戦する年にしたいですね。今回の制作で自分は曲を作ることが大好きなんだとあらためて気づいたので、オリジナル曲もたくさん作って、音楽をもっと楽しんでいきたいです。2月からは全国6箇所を回るツアーもあるので、みなさんに直接、曲を届けられることを楽しみにしています。

(取材・文=橋川良寛)

■リリース情報
『フィルライト』
発売:2015年1月7日
【DVD付き初回限定盤】¥2,600(税抜)
初回盤限定DVD内容
・本人出演「フィルライトメッセージ piano ver.」 MV
・MVメイキング映像
・レコーディングメイキング映像
※数量限定(なくなり次第終了)
【通常盤】¥2,200(税抜)

■特設サイト
http://www.subcul-rise.jp/7246_filllight/

■ツアー情報
夏代孝明ワンマンライブツアー
「それなりに、冬も好きです!」
2月21日(土)新宿ReNY【東京】
2月22日(日)福岡BEAT STATION 【福岡】 
2月28日(土)APOLLO BASE【名古屋】
3月1日(日)心斎橋JANUS【大阪】
3月7日(土)高松MONSTER【香川】 
3月8日(日)高知BeeStation【高知】 
3月14日(土)DUCE SAPPORO【北海道】

お問合せ Zen-A(ゼンエイ) TEL:03-3538-2300(平日11:00〜19:00)
http://www.zen-a.co.jp/ticket/natsushiro_2015/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる