次世代シンガー・夏代孝明がメジャーデビュー!「補助照明のように、リスナーに寄り添う作品を」

「承認欲求が強すぎて、悪戦苦闘している時期もありました」

――1曲目の「イグナイトミュージック」(instrumental)、2曲目の「ニトロ」は、これまでもコラボレーションを重ねてきたボカロクリエイター・buzzGさんの提供曲です。「ニトロ」は疾走感のあるギターサウンドが印象的で、アルバムのスタートを飾るにピッタリの一曲ですね。

夏代:buzzGさんとは去年の夏、一緒に同人でアルバムを出して以来、仲良くさせていただいていて。今回は「アルバムを引っ張っていくような曲を」とお願いしました。〈どんな痛みだって分かち合えるもんじゃないだろう なのにあなたがそばにいると涙が出るよ〉というフレーズがあったり、メッセージ性もある曲なので、歌入れのときは直接ディレクションしてもらって、曲に込められた思いを噛み砕いて歌いました。

――ボーカルで言うと、5曲目の「アスノヨゾラ哨戒班」(詞/曲:Orangestar)は、早口で力強い言葉が並ぶ、ボカロ曲の中でも非常に難しい曲ですね。

夏代:僕の歌の課題として、滑舌が曖昧なところがあるんです。そこが個性だとも思うし、はっきり歌わないことで表現できることも多いんですけど、最近“それが言い訳になっていないか?”と思うこともあって。そういう意味で、とても好きな曲調だったこの曲にチャレンジしてみました。歌の幅が広がればいいなと思います。

――4曲目の「 [It’s not] World’s end」はナノウさんらしい、オシャレだけれど情念がこもっているような、深い世界観のある楽曲だと感じました。ジャジーなアレンジとともに、コーラスも素敵な仕上がりですね。

夏代:以前からずっと歌わせていただきたいと思っていた曲です。これまではコーラスがあまり得意じゃなかったので、今回はかなり勉強して頑張りました。歌としてはうまく強弱をつけるのがポイントで、サビでドンッとくるように歌おうと。そういう部分はもともと得意なので、逆にAメロを抑えることを意識しています。

――そして6曲目には、夏代さんが初めてコピーした曲でもあるBUMP OF CHICKENの「天体観測」が収録されました。

夏代:僕が音楽を始めるきっかけにもなった曲ですし、アルバムに収録できると決まったときは嬉しかったです。もちろん、この曲をカバーして価値のあるものにできるのか…と悩みもしたんですけど、原点を確認できるように、どうしても1stアルバムに収録させていただきたくて。楽曲のよさをきちんと出しつつ、自分の持ち味を出せるようにと考えぬいて、レコーディングでは本当に緊張しました(笑)。音楽を頑張っていこう、という気持ちが新たに湧きましたね。

――11曲目の「ワンマンライフ」(詞/曲:TOKOTOKO)も気になった1曲です。少し不遜というか、本音感があって聴いていてスカッとする部分もありますね。

夏代:僕が音楽を続けてきたなかで、承認欲求がものすごく強かった時期があるんです。これはいまもそうなのですが、音楽には“たくさんの人に聴いてもらってこそ”という部分もあると思っていて。以前はその思いが強すぎて、「こうすればもっとたくさん聴いてもらえる」という簡単な方法があるなら、それに飛びついていたかもしれない(笑)。そういう話を西沢さんP(TOKOTOKO)としているなかで、このアルバムにはいろいろな意味での“原点”が詰まっているのだから、過去の自分の気持ちを歌ってみたらどうかと。だから、悪戦苦闘している感じがよく出ていますよね(笑)。いまはいい意味で音楽を楽しめるようになったと思うんですけど、悪く言うと丸くなっちゃったかな、という思いもあって。そういう部分をこの曲で取り戻せたような気がします。

――14曲目に収録された事務員Gさん初の書き下ろし曲「さよなら Good:’Days」もいいアクセントになっています。こちらは卒業ソングにしたいような、とても優しい曲ですね。

夏代:事務員Gさんのルーツというか、好きな音楽がにじみ出ていて。ある意味では、このアルバムで一番J-POPに近い曲だと思うし、メジャーのアルバムでより多くの人に届けるというなかで、意味のある楽曲になったと思います。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる