>  > 家入レオがBDライブで見せた“特別”

家入レオ、バースデーライブで見せた“特別な笑顔” 観客と向き合い続ける独自の表現スタンスとは

関連タグ
家入レオ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141215-ieiri3.jpg

 

 家入レオのバースデー記念ライブ『REO IEIRI LIVE 12/13 ~thanks 2014~』が2014年12月13日、新木場スタジオコーストにて開催された。この日は家入の20歳の誕生日。即日ソールドアウトになったチケットを運良く手に入れた2500人の熱気で会場は溢れ、祝福ムードでいっぱいのライブとなった。

 レーザーが飛び交う中、ライトに照らし出された家入が1曲目に披露した「純情」から、この日のステージはスタート。アップテンポの楽曲、そしてタフなステージングに一斉に観客は飛び跳ね、のっけから熱いステージングが繰り広げられる。高音がどこまでも伸びていくような美しい歌声が響き、「トーキョー!最後まで楽しんでいってください!」と家入も気合い十分な様子。続いて披露されたのは「Last Stage」。オープニングナンバーとうって変わり、“私はいつも怯えている”とつぶやくように歌う家入の姿は、彼女の繊細な側面を映し出す。その後この日初めて観客に語りかけた家入は、まず来場者に感謝の思いを伝えたあと「今日は私にとって特別な日。一緒に楽しい思い出を作っていけたらなと思います」とはにかんだ。

20141215-ieiri4.jpg

 

 その後「太陽の女神」「Shine」など、ドラマ主題歌としてもお馴染みの楽曲を次々と披露。何よりも印象的だったのは、観客と向き合う姿勢の丁寧さだ。一曲一曲、オーディエンスとまっすぐに対峙しながら大事に歌い上げる家入の姿は、家入レオというシンガーが観客とのコミュニケーションの中で育ってきたシンガーなのだと強く感じさせる。

      

「家入レオ、バースデーライブで見せた“特別な笑顔” 観客と向き合い続ける独自の表現スタンスとは」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版