℃-uteらアイドル勢にアニソン系歌手、ギター女子も……今年の“冬フェス”の傾向と対策

 千葉・幕張メッセで12月28〜31日に開催されるロックフェス「COUNTDOWN JAPAN 14/15」のタイムテーブルが発表されたほか、FM802が主催し、12月27〜28日に大阪・インテックス大阪にて開催されるロックフェス「RADIO CRAZY」や、名古屋・ポートメッセなごやにて12月21日に初開催される「MERRY ROCK PARADE」でも続々と出演陣が発表され、いよいよ冬フェスのムードが盛り上がってきている。

 多くの音楽ファンにとって、年越しの定番イベントにもなりつつある冬フェス。今年はどんな傾向があるのだろうか。フェス文化に詳しい音楽ジャーナリストの柴 那典氏は、「リスナーにとって選択肢が広がってきている」と、昨今の状況を説明する。

「かつて、冬フェスといえば『COUNTDOWN JAPAN』一択という印象が強かったですが、昨今では大阪の『RADIO CRAZY』が定番化したほか、名古屋では『MERRY ROCK PARADE』が開催されるなど、地域的にもさまざまな選択肢が生まれてきました。また、年末だけではなく、1月4日に大型のEDMフェス『electrox』が開催されるなど、期間的にも拡張されてきている印象です。ジャンルにおいても、『COUNTDOWN JAPAN』にはロック系以外のさまざまなミュージシャンが出演するほか、『MERRY ROCK PARADE』ではラウド系のミュージシャンが、『electrox』には世界のトップDJが集まるなど、リスナーが好みに合わせてイベントを選択できる状況が整いつつあるのではないかと思います」

 また、ジャンルの垣根を越えた出演陣が特徴となってきている『COUNTDOWN JAPAN』では、次のような傾向が見られるという。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる