ゲスの極み乙女。がフリーワンマンライブで見せた表現の強さ 新曲群がもたらした“緩急”とは

20141029-gesu1.jpg

 

 7曲目にはアルバムのファーストトラック「ラスカ」を披露。<言えない嘘は真実にして 届けメロディ>という川谷の歌詞と、メロディアスなフレーズを弾き倒す休日課長のスライドベースが特徴的な同曲で会場を沸かせると、彼らは一転してアルバムのリードトラック「デジタルモグラ」でヒリヒリした空気を生み出す。さらにその後、疾走感のあるサビを持つ「crying march」で、ライブは中盤の山場を迎えた。

 同バンド恒例の「ドレスを?(課長)」「脱げー!(観客)」というコール&レスポンスで盛り上がった10曲目「ドレスを脱げ」が終了すると、アクシデントが発生。前日に購入し、この日は尖った音でライブを引き締めていた川谷の新ギターの弦が切れてしまったのだ。

 その間、ちゃんMARIが「コポゥ!」と「ヴァッ!」という掛け声で盛り上げ、課長は喉の奥から捻り出したように「ケチャップ」と奇声をあげると、いこかが課長に対し「気持ち悪っ」とドン引き。観客も恒例のこのやり取りに愛のある野次を飛ばした。その後、以前のギターに戻した川谷は、どこか安心したような表情で場を仕切り直し、ライブの定番曲「餅ガール」「jajaumasan」へ。恒例の餅撒きパフォーマンスや、キャッチーな掛け声を組み込んだ2曲で、少し緩くなっていた会場のテンションも一気に上がり、最後の「ユレルカレル」へ。切ない歌詞と性急なリズムが特徴の同曲で、ライブはクライマックスを迎えた。

 多様な音楽エッセンスを取り入れ、歌詞においてもパーソナルな一面を見せた『魅力がすごいよ』収録曲をセットリストに加えたことにより、これまで以上に緩急のついたライブを展開したゲスの極み乙女。。バンドへの注目度が高まる中、いよいよ本格的にJPOPシーンへと突入する彼らだが、その表現はさらにディープかつ複雑なものとなっている。そう感じさせる充実のライブだった。

(文=中村拓海)

■セットリスト
1.パラレルスペック
2.キラーボール
3.星降る夜に花束を
4.列車クラシックさん
5.猟奇的なキスを私にして
6.アソビ
7.ラスカ
8.デジタルモグラ
9.crying march
10.ドレスを脱げ
11.餅ガール
12.jajaumasan
13.ユレルカレル

■リリース情報
『魅力がすごいよ』
2014年10月29日(水)発売
【完全生産限定ゲスなトート盤】¥3,780(税込)

【初回限定魅力的なプライス盤 】¥2,300(税込)
【通常盤】¥3,024(税込)

<収録曲>
01.ラスカ
02.デジタルモグラ
03.crying march
04.星降る夜に花束を
05.列車クラシックさん
06.猟奇的なキスを私にして(ドラマ「アラサーちゃん 無修正」オープニングテーマ)
07.サリーマリー
08.ruins
09.アソビ (isai FL TV-CMソング)
10.光を忘れた
11.bye-bye 999

■ライブ情報
全国ワンマンツアー『ゲスな魅力?』

11月3日(月・祝)新潟LOTS
11月5日(水)仙台 Rensa
11月8日(土)札幌Sound lab moll
11月11日(火)長崎DRUM Be-7
11月13日(木)鹿児島CAPARVO HALL
11月14日(金)福岡DRUM LOGOS
11月16日(日),17日(月)広島CLUB QUATTRO
11月22日(土)名古屋CLUB QUATTRO
11月23日(日)大阪・梅田CLUB QUATTRO
11月25日(火)高松オリーブホール
11月29日(土)赤坂BLITZ
12月3日(水)札幌 Zepp Sapporo ※追加公演
12月7日(日) 豊洲PIT
12月9日(火)名古屋DIAMOND HALL
12月11日(木)大阪・味園ユニバース
12月13日(土)金沢EIGHT HALL
12月14日(日)松本Sound Hall a.C
12月20日(土)沖縄 音市場

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる