安室奈美恵ベストが25万枚超えで1位獲得 アーティストが”ブレないブランド”を持つ意味とは?

 「2014年らしさ」があるのかどうかよくわからない今週だが、代わりに言えるのは、ほとんどが確固たるブランドを築いたアーティストであることだ。松田聖子はミセス向け、aikoは永遠の乙女でいたい大人ガーリー向け。アラサー女性にオトナのシックを啓蒙するのが平井堅で、ギャルバンの狂騒とは異なるエレガンス&アヴァンギャルドなゴシックを展開するのがBUCK-TICK……。

 こうやって当てはめていくと、ターゲットを明確にして独自のライフスタイルを提唱していく女性ファッション誌を読み比べているようで妙に面白い(男性リスナーを無視しているようで申し訳ない)。というわけで結論。アーティストがブレないブランドを持つことは、これほど強く、また語り甲斐や比べ甲斐のあることである。
 
■石井恵梨子
1977年石川県生まれ。投稿をきっかけに、97年より音楽雑誌に執筆活動を開始。パンク/ラウドロックを好む傍ら、ヒットチャート観察も趣味。現在「音楽と人」「SPA!」などに寄稿。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!