>  >  > 宇多田がラジオ最終回で秘蔵曲OA 

宇多田ヒカル、ラジオ最終回で藤圭子とのデュエット曲オンエア「こういうのが残ってるのは素晴らしい」

関連タグ
宇多田ヒカル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年4月よりInter FMで一年間放送されていた宇多田ヒカルのラジオ番組『KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru』が、2014年3月18日の放送にて最終回を迎えた。この番組は現在音楽活動を休止し、“人間活動中”の宇多田が、一人で選曲、録音、編集に至るまで宅録で制作していた番組。現在、宇多田の肉声が届けられるただ一つの貴重な場だっただけに、終了を惜しむ声も少なくない。

 ファンには知られた話だが、実は宇多田のDJデビューはアーティストデビューより先である。初めてレギュラーを持ったラジオ番組は、アーティストデビューの2ヶ月前になる1998年10月から放送された『HIKKI’S SWEET&SOUR』(Inter FM)。この番組は今年2月から15年ぶりに再放送されたことでも話題を集めた。宇多田はこの他にもこれまでに2本のレギュラーDJの経験を持ち、今回終了した『KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru』は単発番組以外ではおよそ13年ぶりのレギュラー番組となった。同番組を開始するに際し、宇多田は音楽活動休止中に番組を持つことに迷いがあったという。しかし「月一で番組をやることで、もっと紹介したい曲に対して、アンテナを張ることができるし、音楽のことがもっと考えることができるので、自分にとってもいいことかなと思った」と、DJの魅力についても語っている。この番組ではそのコメントの通り、毎回のテーマに沿った選曲の中で、宇多田自身の音楽への思いを語ることが主体になっていった。

 この番組のDJを務めた一年の間に、宇多田ヒカルには大きな出来事が相次いだ。とくに母である藤圭子の訃報に際しては、様々な憶測や過熱した報道が世間を飛び交った。だが一ヶ月の休養を経て番組に戻った宇多田は、落ち着いた声でしっかりと自身の心境、そしてファンへのメッセージを伝えた。この回の収録時は何度もオープニングトークを録り直したというが、嘘偽りなく自らの言葉が伝えられる場所があったことは、今にして思えば彼女にとって大きなことだったかもしれない。

      

「宇多田ヒカル、ラジオ最終回で藤圭子とのデュエット曲オンエア「こういうのが残ってるのは素晴らしい」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版