>  > ニック・ジョナスが語る『ジュマンジ』

ニック・ジョナスが語る、笑いの絶えない『ジュマンジ』撮影の裏側 「よく観ると、僕の背中が震えている」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドウェイン・ジョンソン主演映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が4月6日より公開される(MX4D/4DXは先行公開中)。1995年に全米公開されたロビン・ウィリアムズ主演映画『ジュマンジ』の続編となる本作は、ゲームの中に吸い込まれ、現実の自分とは異なるキャラクターになってしまった4人の高校生が、現実世界に戻るため奮闘する模様を描いたアドベンチャー映画だ。

 今回リアルサウンド映画部では、顔も性格も異なる別のキャラクターになった高校生4人がゲームの中で出会う重要人物、アレックスを演じたニック・ジョナスにインタビューを行った。人気ポップグループ“ジョナス・ブラザーズ”での活動を経て、現在はソロアーティストとして音楽活動も行っているジョナスに、全米で記録的な大ヒットとなった本作の出演を通して感じたことや、笑いの絶えない撮影現場の裏側、音楽活動と俳優活動とのバランスなどについて語ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

 「途中で撮影を止めなければいけないことも」

ーー日本公開はこれからですが、本作は既に全世界興行収入1000億円を超える大ヒットを記録していますね。

ニック・ジョナス(以下、ジョナス):今回のチームはキャストやスタッフ含めとにかく素晴らしいチームで、僕自身楽しく仕事をすることができた。そんなチームの作品を世界中の人々が観てくれて、しかも気に入ってくれているということだから、僕はそれがすごくうれしいんだ。大ヒットというよりも、僕はその事実の方に意味があると思っている。この成功があったからこそ、これまで行ったことのなかった国にもいけたし、こうやって日本に来ることもできた。日本のみんなにもぜひ楽しんでもらいたいね。

ーーそもそも今回はどのような経緯で出演することになったのでしょう?

ジョナス:オーディションを受けないかとアプローチをもらったのがきっかけだったんだけど、その段階で脚本読んだらものすごくハマってしまったんだ。脚本が素晴らしかったのもそうだし、誰かの体の中に自分が入るというアイデアも新しくて面白かった。僕はロビン・ウィリアムズ主演のオリジナルの『ジュマンジ』が大好きだったんだけれど、それに新しい要素が加わっていて、より興味を持つようになったんだ。それで自分の方から働きかけてオーディションのテープを送って、何週間後かにはあっという間にハワイで撮影していたよ(笑)。それには僕も驚きだったね。

ーーあなたが演じたアレックスはゲームの中での“隠れキャラ”的な存在で、映画にとっても非常に重要なキャラクターですよね。ただ、登場するのは主要メンバーの4人とは違って中盤からです。そんな4人の中に1人で入っていく難しさもあったのでは?

ジョナス:それには2つの側面があると思う。ひとつはストーリー的な部分で、アレックスは4人のことが必要だし、彼らにとってもアレックスは必要不可欠な存在ということ。それぞれの足りない部分を満たすためにお互いを必要としていて、その設定が僕たち自身の関係にもうまく作用したんだ。もうひとつは、4人の高校生を演じたキャストたちのウェルカムさだね。僕は彼らから2週間遅れて撮影に入ったんだけども、ドウェイン(・ジョンソン)もジャック(・ブラック)もケヴィン(・ハート)もカレン(・ギラン)も、僕をものすごく気持ちよく迎え入れてくれたんだ。確かに僕自身、撮影初日は少しナーバスになってしまったところもあったんだけれど、みんながオープンに接してくれたことによって、いいケミストリーが生まれて撮影に臨めたよ。その関係性はスクリーン上にも表れているんじゃないかな。特にジャックとはものすごく気があって、プライベートでも仲良くなったよ。

ーージャック・ブラックが演じているオベロン教授(中身はセルフィー大好き美人のべサニー)とは恋愛要素もありましたね。

ジョナス:中身は高校生の女の子だけど見た目はジャックというギャップが本当におかしかったんだ。途中で撮影を止めなければいけないことも何回かあったよ(笑)。ケヴィンもそうだけど、ジャックは人をどう笑わせるかのコツをよく分かっているんだよね。撮影中は本当に面白いことばかりだった。映画の中でもそうだけど、ケヴィンは実際に昆虫や爬虫類がものすごく苦手なんだ。それを知ったドウェインが、おもちゃの蜘蛛をケヴィンの前にそっと置いて、彼を驚かせるという遊びをやっていたんだけど、それが本当に面白くて(笑)。そのときのケヴィンの表情は実際に映画の中でも使われているよ。あと、僕とジャックとのシーンで、僕は背中だけが映っているシーンがあるんだけど、そのときのジャックはティーンエージャーの女の子モードに入っていて、ジャックがあまりにも面白かったもんだから、顔が映ってないのをいいことに、僕はそのシーンでは大笑いをしているんだ。よく観ると、僕の背中が震えているのが分かると思うよ(笑)。

      

「ニック・ジョナスが語る、笑いの絶えない『ジュマンジ』撮影の裏側 「よく観ると、僕の背中が震えている」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版