>  >  > 『ベロニカとの記憶』本編映像

過去の記憶に苦悩するジム・ブロードベントの姿が 『ベロニカとの記憶』2種類の本編映像公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在公開中の映画『ベロニカとの記憶』より、2種類の本編映像が公開された。

 本作は、2011年英国ブッカー賞に輝いた、記憶と時間をめぐる小説『終わりの感覚』を、『めぐり逢わせのお弁当』のリテーシュ・バトラ監督が映画化したもの。60歳を過ぎ、ひとりきりで静かな引退生活を送るトニーの元に、見知らぬ弁護士から「あなたに日記を遺した女性がいる」と手紙が届く。その女性とは、40年前に別れた恋人ベロニカの母親だった。トニーは思いもよらない奇妙な遺品から、長い間忘れていた青春時代の記憶、若くして自殺した親友、初恋の真実を紐解いていく。

『ベロニカとの記憶』本編映像(トニーがとったある行動とは?)

 公開された1本目の映像では、物語の中盤、トニーとベロニカの2回目の再会シーンが描かれる。自らの青春時代の記憶に疑いを抱き始めたトニーは、ベロニカに会うことで、忘れかけていた過去の本当の記憶を確認したいとベロニカの後をつけ、偶然の再会を装う。一体彼が過去とどう向きあい、目の前に立つベロニカとどう対峙するのかが見どころだ。

『ベロニカとの記憶』本編映像(トニーが娘に告白した過去とは?)

 一方、2本目の映像は、物語の後半のシーンの一部。本当の過去を知ってしまったトニーが、出産を間近に控えた娘スージーに、自らの過去についての“ある告白”を始める。その後、陣痛が始まり分娩室に運ばれたスージーは、明らかに様子が変な父に、心配の声をかける。そんな中、トニーはまるで自身の記憶を整理するかのように話すことで、自身の過去と向きあうことになる。

■公開情報
『ベロニカとの記憶』
シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほかにて公開中
監督:リテーシュ・バトラ
脚本:ニック・ペイン 
原作:『終わりの感覚』ジュリアン・バーンズ著 土屋政雄訳(新潮社刊) 
出演:ジム・ブロードベント、シャーロット・ランプリング、ミシェル・ドッカリー、ハリエット・ウォルター、エミリー・モーティマー
配給:ロングライド
後援:ブリティッシュ・カウンシル
2015年/イギリス/英語/108分/シネマスコープ/カラー/5.1ch/日本語字幕:牧野琴子
原題:The Sense of an Ending
(c)2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC
公式サイト:longride.jp/veronica

「過去の記憶に苦悩するジム・ブロードベントの姿が 『ベロニカとの記憶』2種類の本編映像公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版