>  >  > 「正月映画2位」勝負の行方は?

宇野維正の興行ランキング一刀両断!

『8年越しの花嫁』vs『DESTINY』 「正月映画2位」の座をめぐる熾烈な勝負、その行方は?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 有力な公開作がなかった先週末。動員ランキングの上位の5作品は前週とまったく同じ顔ぶれで、違いは、前週4位だった『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が3位にランクアップ、前週3位だった『DESTINY 鎌倉ものがたり』が4位にランクダウンしただけ。松竹、東宝、それぞれの2018年正月映画の目玉作品であったこの2作品は、昨年末からずっと熾烈な「『最後のジェダイ』に続く正月映画2位争い」をしている。

 昨年12月9日に公開された『DESTINY 鎌倉ものがたり』。公開から6週目を迎えた先週末の成績は動員8万9,000人、興収1億1,300万円。累計動員は先週末の時点で215万1033人、累計興収26億9581万5,600円。配給の東宝にとって実写作品としては昨年7月公開の『君の膵臓をたべたい』以来となる、久々の興収30億円突破の可能性が高まってきた。

 『DESTINY 鎌倉ものがたり』から1週遅れて12月16日に公開された『8年越しの花嫁 奇跡の実話』。公開から5週目を迎えた先週末の成績は動員9万3,000人、興収1億1,800万円。こちらは先週末までの累計動員が177万1000人、累計興収が22億2200万円。配給の松竹にとって実写作品としては実に2016年7月公開の『HiGH&LOW THE MOVIE』以来となる、興収20億円の大台を超える作品となった。

 『DESTINY』vs『8年越しの花嫁』の対決は映画の動員ランキングだけにとどまらない。『DESTINY』公開前日の12月8日には同作品の主題歌として宇多田ヒカルの「あなた」がダウンロード限定シングルとしてリリース。『8年越しの花嫁』公開4日後の12月20日に同作品の主題歌としてback numberの「瞬き」がCDシングルなどでリリース。もともと両者ともに人気アーティストだけあって初動から好調なセールスを記録していたが、iTunes Storeをはじめとする音源販売サイトのソングチャートでは、年が明けてからもずっとこの2曲はチャート上位をキープし続けている。例年、年明けの音源販売サイトのソングチャートは紅白歌合戦で歌われた曲が上位を独占するのだが、1月1日付のiTunes Storeの国内ソングチャートでも、トップ15でこの2曲だけが「紅白とまったく関係ない曲」としてランクインしていた。

      

「『8年越しの花嫁』vs『DESTINY』 「正月映画2位」の座をめぐる熾烈な勝負、その行方は?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版