>  >  >  > Stevie Ray Vaughan

Stevie Ray Vaughan

(スティーヴィー・レイ・ヴォーン)

MTVが席捲した80年代ミュージック・シーンに、ギミックなしのストレートなブルース・ロックで楔を打ち込んだスティーヴィー・レイ・ヴォーン。“あ・うん”の呼吸のバンド、ダブル・トラブルをバックに、ボロボロのストラトキャスターを弾きまくる姿は、デジタル・サウンド全盛の時代に、生身のパワーを思い出させてくれた。そして、ブルースをベースにしながらも、その枠を飛び越えるアグレッシヴなギター・プレイで、若い世代の目を黒人伝統音楽に向けさせた功績は余りに大きい。また、重度のドラッグ中毒からカムバックしたというブルースマンらしいエピソードも魅力的だが、キャリアの絶頂期に35歳の若さで亡くなってしまう悲劇も、彼が”伝説のギタリスト”と称される所以だろう。
その死後もベスト・アルバムやトリビュート作品が次々と発表され、どれもが好調なセールスを記録。彼のプレイ・スタイルを信奉してやまないフォロアーが続々と現れている。そうした現状からみても、スティーヴィー・レイ・ヴォーンはジミ・ヘンドリックスに匹敵する真のギター・ヒーローと言うことができるのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版