>  >  >  > Otis Reddingの情報

Otis Reddingの情報

(オーティス・レディング)

南部のソウル・ミュージックを代表するシンガーであり、この世に存在した最高のヴォーカリストのひとり、それがオーティス・レディングだ。彼の音楽はどんな人の心をも揺り動かし、後進のアーティストたちは誰もが彼にインスピレーションを求める。マーヴィン・ゲイほどスムーズでもなく、ジェイムズ・ブラウンほどファンキーでもないが、オーティスはパフォーマンスに全身全霊を捧げる大男だった。さらに「アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥー・ロング」を始めとする彼の楽曲群を聴けば、悲鳴とも叫びともつかないヴォーカルのなかに自身が人生で冒してきた過ちへの後悔の念を感じ取ることができる。ブッカー・T.&ザ・MGズがバック・バンドを務めたオーティスの<STAX>レーベル時代の作品は、いま聴いても南部のエネルギーと情熱の感じられるエキサイティングなナンバーばかりだ。
モントレー・ポップ・フェスティバルで満場のヒッピーたちを圧倒した直後に亡くなったオーティスは、間違いなくソウル、そしてロックの世界にその名前を深く刻み込んだミュージシャンである。享年26歳というあまりに早すぎる彼の死は、アーバンな音楽シーンにポッカリと大きな穴を開ける結果になった。彼の空席を埋めるに充足たるミュージシャンは、未だに登場していない。それほど彼の存在は神々しく、偉大なのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版