> Glenn Underground

Glenn Underground

(グレン・アンダーグラウンド)

シカゴ・ハウス第二世代の旗手として名高いグレン・アンダーグラウンド。彼は、70’sディスコ/フィリー・ソウルのクラシック・ネタを用いたアフロ・テイストのディコンストラクトものから、テクノ寄りの変態ミニマル・トラックまでを展開。——その変幻自在なプロデュース・ワークによって、常にハウス・シーンの先頭に立ってきた。
Steve Poindexter、Craig Gilliamとの共作「Entercource Of The New Age」(91年)でデビューを果たし、ドナ・サマーの「I Feel Love」をリミックスした「I Feel Dub」(95年)をはじめとする、数多くのプロダクションがハウス界のDJチャートを席巻。『Lounge Excursion』(00年)では、ギター/トランペット/サックスなどの生楽器をフィーチャーし、70年代にフラッシュ・バックするかのようなスペース・ファンクを披露した。幼少期から鍛え上げられた繊細なキーボード・ワークが奏でる豊潤なメロディ・ラインと、ファンキーなシーケンスから解き放たれるスピリチュアルかつソウルフルな響き——それは、ブラック・ミュージックの伝統を脈々と受け継いでいる。
シカゴ・ハウス・シーンの停滞が叫ばれる昨今、彼の類稀なる才能は非常に頼もしい。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版