> George Shearing

George Shearing

(ジョージ・シアリング)

40年代後半ロンドンからニューヨークに移り住むと同時に、シアリングはひとつの大きな悩みをかかえた。それは「あまたのジャズ・ピアニストたちの中でいかに自分を主張するか」ということだ。そして、出した答えはGSクインテットの結成だった。ビブラフォンとギター、ピアノという個性的な編成は大いに人気を博し、その後、さまざまな形で模倣されていった。彼の叙情的なピアノはバップやラテンの要素を取り入れクラシカルなタッチのスウィングと組み合わされていた。キャピタルから発売された数枚の「ムード・ミュージック」のアルバムに、ジャズの味わいを持ち込み大きな成功も収めている。その華やかなキーボード・サウンドはニューヨークのペントハウスや、彼の筆によるスタンダード「バードランドの子守歌」で謳ったクラブのイメージを掻き立てる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版