>  >  >  > Chuck Berry

Chuck Berry

(チャック・ベリー)

チャック・ベリーはまるで水戸黄門である。あの「ジョニー・B・グッド」のイントロに代表される前奏のリフは、印籠と同じく絶大な効果を発揮し、どんなロックン・ロールの猛者もあのリフを前にしたら、ただただひれ伏すしかないだろう。ライヴでは定番のバック・バンドを率いず、現地でバンドを調達して、よれよれの演奏を繰り広げるインチキくささも魅力の1つだ。
今ではオールディーズの定番となった数多くのナンバーは、軽快なビートに乗せて、車/学校/女の子——といったオキマリのテーマを歌い、米国の50年代の若者のハートをガッチリ掴んだ。ブルース・ナンバーでの物足りなさは否めないが、ブギ・ピアノの左手を模した8ビート・ギターをブッ放つチャックは、本当にアナーキーでパンクな存在だった。また、彼のサウンドにみられるカントリーやラテンの要素にはアメリカ大衆音楽の奥の深さをみることができるだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版