>  >  >  > Charles Brownの情報

Charles Brownの情報

(チャールズ・ブラウン)

ウエストコースト・ブルース/R&Bの重鎮であるシンガー兼ピアニストのチャールズ・ブラウン(22年9月13日、テキサス州生まれ)は、ロバート・ジョンソン、ルイ・ジョーダンらに影響を受けた。そして、そのブルージーでバラード感覚溢れる歌唱法は、レイ・チャールズに引き継がれている。
43年、L.A.で科学教師として働いていた彼は、幼い頃よりピアノやオルガンに親しんでいたこともあり、シンガー/ピアニストになる決心を固める。クラブで歌手として活躍後、ジョニー・ムーアのスリー・ブレイザーズへ加入、たちまち人気者に——。46年には「Driftin' Blues」がヒットし、N.Y.のアポロセンターでコンサートも行われたが、グループは48年に解散。しかし50年代の初めには、ブラウン自身の作曲による「Merry Christmas Baby」「Black Night」「Seven Long Days」が大ヒットし、彼の名はより広く知られるようになる。また、彼の作曲した「I'll Always Be In Love With You」は、B.B.キング、レイ・チャールズ、サム・クックといった大物ミュージシャンにカヴァーされていることでも有名だ。
60年代後期以降は地味な活動を続けていたが、76年にサンフランシスコ・ブルース・フェスティヴァルに出演を果たし好評を得、80年に入り、『Bullseye Blues』『Brown's lasting』を発表。再び注目を集めた。これらのアルバムには、ボニー・レイット、ドクター・ジョン、ジョン・リー・フッカーといった錚々たるメンバーがゲスト参加し、エルヴィス・コステロは彼のために「I Wonder How She Knows」を書き下ろしている。
90年代には長年に亙る音楽活動を称えられ、国立芸術基金とリズム・アンド・ブルース財団より表彰を受ける。その後も精力的にツアーをこなしていたが、99年の1月21日、うっ血性心不全により亡くなった。——それは、ロックの殿堂入りを果たすほんの2ヶ月前の出来事であった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版