>  >  > Nissy、東京ドーム公演で見せた貫禄

『Nissy Entertainment 2nd LIVE -FINAL- in TOKYO DOME』

Nissy=西島隆弘、エンターテイナーとしての“貫禄”と“プライド”見せた東京ドーム公演レポート

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nissyこと西島隆弘のソロライブ『Nissy Entertainment 2nd LIVE -FINAL- in TOKYO DOME』が、4月25日と26日に東京ドームで開催された。本公演は、全国アリーナツアー『Nissy Entertainment 2nd LIVE』のファイナルとして行われたもの。東京ドームは彼にとってソロとしては初のステージだったが、2日間で約10万人を動員する結果となった。

Nissy

 筆者が目撃したのは26日。オープニング映像の後、ステージにはMVから飛び出してきたかの様なニューヨークの摩天楼をイメージしたセットが展開され、赤いフードつきのコートに赤いサングラスという出で立ちで現れたNissyは、ビルの屋上を模したステージの上で「The Eternal Live」を歌い上げる。軽快なファンクビートに乗って、踊りながら登場したホーン隊が華やかなブラスセクションを披露、すると次の瞬間ステージから花火がいくつも打ち上がり、「来たぜドーム、ファイナル!」というNissyのシャウトと共に、会場の熱気は早くもピークに達した。

 そのままコートを脱ぎ捨て、白いのブルゾンに白いハットという姿になったNissyは、8人のダンサーを率いてドームバージョンにアレンジされた「Double Trouble」を踊り歌う。ブレイクではファルセットのロングボイスを聴かせたり、ステージ狭しと練り歩きながらコール&レスポンスを呼びかけたりと、1曲の中に様々な見せ場を作ってオーディエンスを魅了する。「調子はどうですか? ファイナルだぜ? 俺もテンション高いぜ」と本人もゴキゲンだ。フィリーソウル風の「17th Kiss」を歌った後、ムービングステージに乗り込み赤いストラトギターを弾きながら「恋す肌」、そのままエンドステージまで行って「ハプニング」を歌い、メインステージへ戻ってくるときにはマジシャンよろしく手品を披露し観客を沸かせていた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
 

 中盤はグッと大人な雰囲気に。「花cherie」ではモノクロームのセットが曲の後半、鮮やかな花々で彩られたフルカラーに変化。メランコリックなミドルナンバー「Don’t let me go」では、美しい高原で撮影されたMVをバックに歌い上げた。そして「Aquarium」では、シックなシャツに身を包んだNissyが女性ダンサーと共に、中央の花道で踊りながらのラブシーンを演じる。すると、曲のムードに合わせて高さを変える噴水が、色とりどりのライトに照らされながら花道を美しく彩り、まるでミュージカル映画のワンシーンのような光景を繰り広げた。さらに「愛tears」では、中央に吊るされたいくつもの電球が、その高さを変えていくことによって空中に様々な模様を描き出す。その幻想的な雰囲気に酔いしれていると、曲の後半ではライト付きのバルーンがアリーナのあちこちから浮かび上がり、こちらもまた、MVの中にいる様な演出であった。

 一旦、ステージを去ったNissy。するとバックスクリーンに、LINEの画面を模した映像が映し出される。会場からランダムに選ばれた観客に、そのLINE上でムチャぶりをするNissy。そんなお茶目なやり取りに、客席からは大きな笑いが何度も起きた。SNS以降の新しい表現として、今後もっと普及していくのだろう。

 そして、いよいよ後半戦突入である。大きな段ボール箱を乗せた宅配車がアリーナ通路を走り、エンドステージへ向かう。中から現れたのは、犬の着ぐるみに身を包んだNissy(「今年は戌年だから」か?)。先ほどの大人っぽい雰囲気から一転、コミカルでキュートなNissyの姿に、客席のあちこちから黄色い歓声が上がった。その格好のままダンスの振り付けをレクチャーし「DANCE DANCE DANCE」へ。すると総勢120名のチアガールたちが現れ、ステージはダンスホール状態に。スクリーンには、バンドメンバーやダンサーたち一人一人のクレジットが映し出され、それに合わせてソロパフォーマンスを披露する。トリはNissyのブレイクダンス……のはずが、途中で靴が片方脱げてしまうというハプニング。しかし、すぐさまそれもアドリブでパフォーマンスにしてしまう機転の良さに唸らされた。

 ジャジーな楽曲「SUGAR」で華麗なステップを決めた後、ファンからのリクエストで楽曲を決めるカバーコーナーへ。宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」やDREAMS COME TRUE「決戦は金曜日」なども上位に入る中、今回選んだのは久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」。マイケル・ジャクソンを彷彿とさせる、モダンなソウルアレンジで会場を魅了した。

 「まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL」では、季節外れのクリスマスムードを演出し、本編ラストの「The Days」ではユニバーサル・スタジオ・ジャパンからスペシャルゲストのスヌーピー、チャーリー・ブラウン、ルーシー、エルモ、クッキーモンスター、アーニー、バートが登場。MVでも共演した彼らとともに、アリーナ通路をパレードする。花道の噴水も立ち上り、ニューオリンズ風の楽曲の持つ祝祭感とともに、ドームは最高にハッピーな空気に満たされた。

      

「Nissy=西島隆弘、エンターテイナーとしての“貫禄”と“プライド”見せた東京ドーム公演レポート」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版