>  >  > 2017年ジャニーズ総括と展望は?

キンキ&タキツバ周年、関ジャニ躍進、KAT-TUNソロの充実……2017年の総括と展望は?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 15周年を迎えたタッキー&翼の活動休止、KinKi Kids・堂本剛の突発性難聴発症、充電期間中にソロ活動を充実させたKAT-TUN、お茶の間人気を確実なものにした関ジャニ∞……グループの数だけドラマが生まれ、様々な出来事があった2017年のジャニーズグループたち。今回リアルサウンドでは、サイト内でジャニーズ記事を多く担当するライター・佐藤結衣氏、高橋梓氏、竹上尋子氏を招いて振り返り座談会を行った。それぞれの視点から見えた各グループの活躍と今後について、じっくり語り合ってもらった。(編集部)

大きな動きのあった周年ユニット:KinKi Kids、タッキー&翼

竹上:今年はやはり、20周年を迎えたKinKi Kidsの波乱万丈が印象深いです。『LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP』(フジテレビ系)の放送やシングル『The Red Light』の発売があった中、6月に堂本剛さんが突発性難聴を発症されたのは大きな出来事でした。

佐藤:個人的には20年ぶりに復活したドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』(日本テレビ系)は胸アツでしたね。20周年を盛り上げようと様々な人たちが動いている感じがとてもよかったです。あと、過去曲の映像やアートワークがふんだんに使われたKinKi Kidsの公式サイトにも感動しました。キンキって本当に特別な存在だなと改めて感じましたね。横浜スタジアムで行われた『KinKi Kids Party!~ありがとう20年~』にも後輩がたくさん出演していましたし。

高橋:キンキが愛されていることがすごく伝わった一年でしたよね。『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)にはアポなしで休養中の剛さんが現れたり、二人の絆もより強く感じられました。

佐藤:二人は普段仲良しアピールをするわけではないけれど、お互いが仕事をする上で欠かせないパートナーという感じがします。「SMAPのバックにいた」ということも律義に語り続けていて、彼らくらいの立場になっても先輩たちを立て続けている姿勢も彼らが愛される所以かもしれません。

竹上:二人の関係を象徴しているような、「薔薇と太陽」で光一さんが踊って剛さんがギターを弾くパフォーマンスが個人的に好きです。ヒット曲ばかりの『The BEST』も素晴らしかったですね。

佐藤:キンキは曲がいわゆる“アイドルソング”っぽくないから長く聴けて、大人になってもファンを卒業しなくて良いという安心感というか。『The BEST』のジャケットのデザインもすごくシックで手に取りやすかったです。

竹上:周年を迎えたグループでいうと、15周年のタッキー&翼が9月に活動休止を発表しましたね。

佐藤:15周年に対する周囲からの期待に、彼らなりの答えを誠実に出した結果のように思います。二人とも今はグループではなくソロを充実させたいんじゃないかなと。あとはKAT-TUNの充電期間という前例もあるように、長い活動の中には休止という選択肢があってもよいということを後輩のグループに示したかったのかもしれません。

竹上:滝沢さんは最近、後輩を紹介するような役割でテレビに出ていることも多いですよね。映画『こどもつかい』には有岡大貴(Hey! Say! JUMP)さんと一緒に出演していました。

佐藤:滝沢さんはジャニー社長の誕生日会でも幹事を務めていたり、プレイヤーというよりプロデュース側になりつつありますよね。

高橋:それに対して今井さんはダンサーとしての才能を発揮している印象です。

佐藤:今井さんのフラメンコのようなラテン系の表現と、滝沢さんの歌舞伎的な和の表現をひとつのかたちとして融合させるにはもう少し時間が必要なのかもしれません。キンキもソロが充実していた時期がありましたし、グループ自体がなくなるわけではないので、今後も二人の活動を見守っていきたいです。

バンドならではの雰囲気が魅力?:関ジャニ∞&TOKIO

竹上:関ジャニ∞は今年レギュラー番組がぐっと増えて、お茶の間への躍進が見られた一年でした。

佐藤:ずっと続いている『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)の面白さもぶれなかったです! 放送時間帯がゴールデンではないこともあってか、“関ジャニファン向け”なネタがいいなと。アドリブで笑わせられる、関ジャニの底力が見える番組ですよね。

高橋:それぞれのメンバーのエッジが立っているし、グループとして集まっても面白いし……ここまで本当の意味でマルチなグループって珍しい。かっこ悪いところを堂々と出しているけど、バンドをやる時はちゃんとかっこいいというギャップも良い。『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)が始まる前はライブでもバラエティ色が強かったけど、バンドスタイルを取り入れたことでライブでもバンドコーナーができて、かっこいい姿が多く見られるようになりました。今年は『METROCK 2017』にも出演して、音楽好きにも認められた年のように感じます。

佐藤:アルバム『ジャム』も良かったですね。彼らの音楽観を分かりやすいかたちで示した『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日)が、より浸透したのが今年だったのかもしれません。あと、関ジャニって嵐とかとはまた違う仲の良さがありますよね。

竹上:いわゆるアイドルのワチャワチャ感というよりはバンドマンっぽい、男子が集まってわいわいしている雰囲気。

高橋:そういう意味だとTOKIOと近い部分があるかもしれません。

佐藤:TOKIOはいまやグループの最年長で、お茶の間人気も圧倒的です。

竹上:『TOKIOカケル』(フジテレビ系)では「ジャニーズ年表」を作りつつ後輩の苦悩を聞いたり、先輩グループとしての役割を果たしていますよね。

佐藤:ソロ活動も盛んで、松岡さんの『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~ 』(テレビ東京)などでの飲みキャラもすっかり定着しました。一方でみなさんマルチに活動しているからか、お茶の間ではアーティストとしてのイメージが薄くなってきているようにも感じて……少し寂しいです。

竹上:コンサートも最近、ほとんどやっていませんしね。

佐藤:昔のコンサートの映像を見るとすごくかっこよくて! 長瀬さんはラジオなどでもギターの話になると夢中で喋っていて、本当に音楽好きだということが伝わってきます。個人的には「ひとりぼっちのハブラシ」の時のようにまたドラマの中のキャラクターが歌う形でもよいのでソロ作も出してほしいです。

竹上:ドラマといえば、長瀬さんは今年『ごめん、愛してる』(TBS系)で主演を務めましたね。

佐藤:久しぶりにシリアスな感じの役だったのは新鮮でした。長瀬さんは立ち姿も絵になりますよね……! そろそろライブを見たい気もしますが、来年もぜひマルチに活躍していただきたいです!

「キンキ&タキツバ周年、関ジャニ躍進、KAT-TUNソロの充実……2017年の総括と展望は?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版