>  >  > TWICE初日本オリジナル曲の作家陣に注目

宗像明将のチャート一刀両断!

TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2017年10月16日~2017年10月22日の週間CDシングルランキング(2017年10月30日付・ORICON NEWS)

 2017年10月30日付の週間CDシングルランキングの1位は、TWICEの『One More Time』。女性9人組のK-POPグループによる1位獲得です。

TWICE『One More Time』(通常盤)

 TWICEは、韓国のオーディション番組『SIXTEEN』で選抜された9人によって2015年に結成されたグループ。日本では2017年6月にベスト盤『#TWICE』をリリースしてCDデビューをしました。オリコンによればシングル『One More Time』は初週20.1万枚を売り上げ、「1stシングルの初週売上20万枚超え」は今年度初とのこと。大変な勢いです。

 前述のベスト盤『#TWICE』の発売日、私はたまたまタワーレコード渋谷店に行ったのですが、1階のレジに異常な行列ができていたことを思いだします。その列はみな女性で、彼女たちの手にあったのが『#TWICE』でした。そのため、シングル『One More Time』の1位獲得も自然な流れのようにすら感じます。

 TWICEの「One More Time」は、デジタルでアッパーなダンスチューン。しかし、流行りのEDMでもフューチャーベースでもない点はポイントです。TWICEにとっては日本で初のオリジナル楽曲なのですが、たとえばTWICEが2017年にMVを公開した「KNOCK KNOCK」「SIGNAL」といった韓国で発売された楽曲と聴き比べても特に違和感がありません。TWICEの個性をうまく残したまま、日本のマーケットで展開するために用意されたオリジナル曲が「One More Time」だと感じました。

      

「TWICE『One More Time』が想起させる、K-POP日本進出史 日韓でヒット生む作家陣に注目」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版