>  >  > バンもんが作り上げた“幸せな空間”

『バンもん!Fes.2016winter 〜雪降る夜にフェスして〜 supported by WEGO』WWW & WWW X

バンドじゃないもん!が体験させてくれた“幸せな空間” 『バンもん!Fes.winter 2016』東京編

関連タグ
バンドじゃないもん!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年12月17日、渋谷のWWWとWWW Xの2会場を使って、バンドじゃないもん!主催のフェス『バンもん!Fes.winter 2016〜雪降る夜にフェスして〜 Supported by WEGO』が開催された。12月11日の名古屋ElectricLadyLandに続いての東京開催だった。

 この日はバンドじゃないもん!がWWWとWWW Xで2回ライブをするというので、まず15時からバンドじゃないもん!がライブをするWWWに向かった。すると、すでにフロアから人が溢れてドアが閉まらない状態。こんなWWWは初めて見た。

20161220-bn4.jpgぱいぱいでか美

 フロアに入ると、ぱいぱいでか美がフロア後方のサブステージでDJ中。スマイレージの「夢見る15歳」を流しているところだった。そして、シャ乱Qの「ズルい女」を流し、「Bye-Bye」という歌詞に合わせて、「売買」について、つまり物販についてちゃっかり話しはじめたのがさすがだった。

 超満員で異常な密度のフロアを前にして、バンドじゃないもん!のライブはスタート。「OVERTURE」が流れると一斉にメンバー・カラーのサイリウムが焚かれた。私はフロア最後方で壁を背にして見ていたのだが、バンドじゃないもん!のファンである“もんスター”のMIXの声で、背後の壁が揺れたかのような感覚にすら陥った。

20161220-bn11.jpg鈴姫みさこ
20161220-bn12.jpg恋汐りんご

 まず「雪降る夜にキスして」。この日のイベント名『バンもん!Fes.winter 2016〜雪降る夜にフェスして〜』にかけて1曲目にしたのだろう。この日は、鈴姫みさこのドラム・ソロに続けてクリスマスの鈴の音が挿入される趣向もあった。

 2曲目は「夏のOh!バイブス」。ORANGE RANGEのNAOTOがプロデュースし、楽曲の全編にフックを利かせた、キャッチーさの塊のような楽曲だ。

 MCでは、2017年1月11日にシングルが2枚同時発売されることについて語られた。サード・シングルは、在日ファンクの浜野謙太作が作詞作曲を担当。フォース・シングルはまだ曲名が発表されていないが、カヴァー曲であることが明かされている。バンドじゃないもん!は、2枚ともベスト10に入れることを改めて宣言した。

20161220-bn19.jpg

 

 3曲目はフォース・シングルのカップリング曲。鈴姫みさこが作詞し、メンバーの好きな食べ物を織りこんだというロック・ナンバー「すきっぱらだいす♡」だ。七星ぐみによるセリフのパートもユニークで、落ちサビも彼女が担当している。

 4曲目の「君の笑顔で世界がやばい」の落ちサビではリフトが多発し、「君のリフトで世界がやばい」と表現したくなるような光景に。壮観だった。

20161220-bn13.jpg七星ぐみ
20161220-bn14.jpg望月みゆ

 5曲目の「NaMiDa」に続いて6曲目に披露されたのが、サード・シングルである新曲「YAKIMOCHI」だ。浜野謙太が作詞作曲したこの楽曲は、JBマナーを踏襲している。つまりジェームス・ブラウンを彷彿とさせるファンクなのだ。生録音したというブラスが鳴り響き、サックス・ソロまである。こうしたサウンドの中でも、鈴姫みさこのドラムは冴え渡っていた。バンドじゃないもん!史上、もっともブラック・ミュージックに接近した楽曲だけに、大きな衝撃を受けるとともに、快哉を叫びたくなった。

 最後の「パヒパヒ」では、鈴姫みさこのドラムに加えて、望月みゆのベース、甘夏ゆずのキーボードの生演奏も力強く響いた。

20161220-bn16.jpg

 

「バンドじゃないもん!が体験させてくれた“幸せな空間” 『バンもん!Fes.winter 2016』東京編」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版