>  >  > BRADIOツアー最終公演レポ

BRADIOの快進撃が止まらない 極上のエンターテインメント追求したツアー最終公演レポ

関連タグ
DISCO
FUNK
JPOP
R&B
ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  BRADIOが、12月9日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにてワンマンツアー『ファンカジスタツアー2016~PUMP UP FUNK編~』の最終公演を行った。

 BRADIO史上、最も大きな会場でのワンマンとなった今回のライブ。これまでも、真行寺貴秋(Vo)の歌と、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)、田邊有希(Dr)の3人の楽器隊の見せ場をしっかりと作り、また照明や映像を効果的に使ったりダンサーを招いたりすることで、ショーとしての完成度を磨いてきた。この日のライブは、BRADIOのこれまでの集大成とも言えるステージで、堂々とした貫禄を感じさせるものだった。

20161216-bradio3.jpg

真行寺貴秋(Vo)

20161216-bradio4.jpg

大山聡一(G)

 ステージを覆う紗幕にメンバー4人のシルエットが順々に現れ、その紗幕が落ちると同時にライブは「オトナHIT PARADE」からスタート。この日のライブは、メンバー4人に加え、ルルルルズの奥野大樹(Key)と、ふたりの外国人女性コーラス隊も加わった7人編成。続く「ハートビートを打ち鳴らせ」では、早速各メンバーの見せ場を作る。田邊→酒井→大山の順でソロを回したあと、楽器を持たない真行寺は自らもキレッキレのダンスを披露し、オーディエンスからは歓声と笑い声が起こった。

20161216-bradio5.jpg

酒井亮輔(B)

 「Flyers」後の鳴り止まない歓声を受け、サングラスを外し満面の笑みを見せながら真行寺は「ツアーの最終地点Zepp DiverCity、俺はずっとライブを見にくる場所だと思ってました。こんなにたくさんのビッグスマイルが集まってくれて、最高に嬉しいです。どうもありがとう」「サンキュー、ソールドアウトだぜー!」と喜びを露わにした。BRADIOはファンを親しみを込めて“Funky Party People”という愛称で呼んでいるが、BRADIOのライブには、オーディエンスの存在はとても重要だ。ステージの上の音楽と、フロアのダンスと歓声が混ざりあって渾然一体となった熱狂が、BRADIOのライブの大事なエンジンなのだ。

20161216-bradio6.jpg

田邊有希(Dr)

 フロアの温度を高めた立ち上がりから、中盤はしっかりと真行寺の歌を聴かせる展開に。コブシを効かせた歌い方からウィスパーボイス、ファルセット、スキャット、情熱的なシャウトまで様々な技を繰り出しながら、ライブをムーディーに盛り立てていく。

20161216-bradio8.jpg

 真行寺&コーラス隊のアカペラから始まった「Playback」、スローバラード「ギフト」をしっとりと歌い上げ、久しぶりのアコースティック編成で「Jasmine」を披露。間奏では山崎まさよしのシングル曲であり、SMAPもカバーした「セロリ」をワンコーラス歌い、オーディエンスを沸かせた。その後は、楽器隊がステージから去り、真行寺&コーラス隊&奥野による「Chocolate Flavor」では、控えめな鍵盤にあわせ、3人の歌が重層的で美しいハーモニーを生み出した。さらに曲のラストには真行寺もステージを去り、コーラス隊が低音から高音まで滑らかに行き交う歌声を響かせる。彼女たちの抜群の歌唱力には、フロアからも自然と歓声と拍手が沸いた。

20161216-bradio16.jpg

 後半にかけては、クライマックスがずっと続いていくような圧巻のパフォーマンスだった。スパンコールのついた衣装に着替え、再びステージに戻ってきたメンバーが始めたのは、王道ファンクチューン「Back To The Funk」。続く「Golden Liar」では、フロントに立つ3人が同じステップを踏み、メロディアスなベースラインがうねるようなグルーブを作っていく。さらに、間奏でステージ中央で向き合った大山・酒井は、互いに挑発するような激しいソロの弾き合いを見せた。そしてそのまま田邊のドラムソロに流れ、軽快なドラミングとスネアのシャープな音が、場を支配する。

 この時点でオーディエンスの盛り上がりは最高潮であったが、BRADIOのパフォーマンスはまだ止まらない。次は真行寺がステージを降り、オーディエンスの間を通ってフロアの中央に移動。もみくちゃになりながらも、さらに大山と酒井を呼び込み、360度オーディエンスに囲まれた状態で3人がそれぞれコール&レスポンスを繰り出した。その後大山と酒井はステージに戻ると、二人は楽器を交代し、大山がベース、酒井がギターを持ち、互いに遜色ないテクニカルなプレイを見せる。ノンストップで様々な演出を畳み掛け、一瞬たりともオーディエンスを飽きさせないBRADIOのエンターテイナーぶりが発揮された一幕だった。

20161216-bradio9.jpg

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版