>  >  > J-POPの枠を超え続けるHARUHIの才能

既存のJ-POPを超え続けるHARUHIの才能 『BANQUET』のクリエイティブから考察

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
161215_haruhi_a.jpeg

 

 12月14日、HARUHIが2ndシングル『BANQUET』をリリースする。ドラマ『コック警部の晩餐会』(TBS系)の主題歌としてオンエア中の表題曲「BANQUET」は、エレクトロニカのテイストと生楽器の響きを活かしたサウンドメイク、HARUHI独特のエキゾチックなメロディライン、英語と日本語をナチュラルに融合させながら聴き手に刺激的なイマジネーションをもたらすリリックがひとつになったミディアムチューン。ドラマのプロデューサー・田中健太氏が「初めてHARUHIさんの歌声を聞いた時の衝撃を今でもはっきりと覚えています。脳に直接突き刺さるような、あの歌声を」とコメントしたボーカリゼーションも強く印象に残る。

 晩餐会をテーマにした演劇風のミュージックビデオも大きな話題を集めている。演出はアートディレクターの森本千絵。彼女自身が「BANQUET」の歌詞をもとにして原画を描き下ろし、美術、衣装、ヘアメイクを含め、すべてを絵画的に表現するという演出が施されている。撮影はワンカットの一発撮り。総勢35人のキャストがひとつの舞台を作り上げるように撮影されたこのMVは、細部まで緻密に構成された演出、現場の緊張感と臨場感を含め、きわめて刺激的な映像作品に仕上がっている。振り付けはダンスカンパニー・コンドルズのスズキ拓朗。さらに衣裳はひびのこづえ(野田秀樹作品の舞台衣装でも知られるコスチューム・アーティスト)、ヘアメイクはリオパラリンピック閉会式にも携わった冨沢ノボルが担当するなどトップクリエイターが参加。デビュー以来、様々なアーティスト、クリエイターとのコラボレーションを繰り広げてきたHARUHIの魅力が改めて実感できる作品と言えるだろう。

HARUHI 『BANQUET』Music Video

 クリエイターを魅了するHARUHIのポテンシャルは、今年5月にリリースされた1stシングル曲「ひずみ」の時点ですでにはっきりと示されていた。映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌に起用されたこの楽曲のMVには、永井聡監督、主演の佐藤健が参加。映画のストーリーの“世界が猫だらけなら”という設定をスピンオフしたとも言える作品へと結びついた。この作品について永井監督は「HARUHIのパフォーマンスを観た時、そのクオリティの高さに驚きました。MVでは彼女のライブ感、楽曲の持つスケール感を大切にしました」とコメントしている。

 さらに10月5日に配信リリースされた「Lullaby」は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・審査委員賞を受賞した映画『淵に立つ』の主題歌。“岸の淵から下を見るように人の心の闇、生きることの闇をできるだけ理性的に覗き込む”というテーマを持ったこの映画に対して彼女は、子守唄をモチーフにしながら、人と人が共に生きることの苦しみを包み込むような楽曲を提供。深田晃司監督も「本当の意味で、映画と歌い手がコラボレーションできた稀有な例だと自負しています」と「Lullaby」を絶賛している。また「Lullaby」のMVでも、深田監督とHARUHIのコラボが実現。HARUHIをかたどった死体が少しずつ蘇る映像は、既存のMVの枠を超えた映像表現として高い評価を得た。

 HARUHIが数多くのクリエイターを惹きつける最大の理由は、彼女が生み出す楽曲、その存在感を含めて、ジャンルや国境に捉われないスケールを備えているからだろう。ポストロック、エレクトロ、ブルース、ジャズなどを自在に行き来するような無国籍なメロディセンス、英語と日本語のバイリンガルならではの独創的な言語感覚による歌詞、そして、まるで少年のような瑞々しさとすべてを包み込むような女性らしさを同時に感じさせる声。特定のイメージを持たず、際立った個性とボーダレスな世界観を共存させたHARUHIの音楽が、既存のJ-POPの枠を超え、常に新たなイマジネーションを求めているクリエイターの興味を惹くのは、きわめて当然のことかもしれない。2017年も、様々なジャンルのクリエイターとHARUHIの交流から生まれる作品に大いに期待したいと思う。

(文=森朋之)

■リリース情報
『BANQUET』
発売日:2016年12月14日(水)
【初回生産限定盤】¥1,300(税込)
3曲入りCD + 「BANQUET」MV、「Lullaby」MV収録DVDの2枚組
【通常盤】¥1,000(税込)
3曲入りCD
<CD収録曲>
M-1 「BANQUET」
作詞:HARUHI、作曲:HARUHI・彦坂 亮、編曲:HARUHI・彦坂 亮
※TBS テッペン!水ドラ!!「コック警部の晩餐会」主題歌
M-2 「Lullaby」
作詞:HARUHI、作曲:HARUHI、編曲:小林武史・HARUHI
※映画「淵に立つ」主題歌
M-3 「The Strange (Suit Made of Skin)」
作詞:HARUHI、作曲:HARUHI・彦坂 亮、編曲:HARUHI・彦坂 亮

iTunes

■オフィシャルHP
http://www.haruhi99.jp/

「既存のJ-POPを超え続けるHARUHIの才能 『BANQUET』のクリエイティブから考察」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版