>  >  > ジャニーズ“暴露キャラ”なぜ増えた?

V6三宅、キスマイ宮田に続き、A.B.C-Z戸塚らも…ジャニーズに“暴露キャラ”増えている理由

関連タグ
V6
SMAP
℃-ute
アイドル
ジャニーズ
佐藤結衣
松下博夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 A.B.C-Zの戸塚祥太が『アウト×デラックス』(フジテレビ)の5月14日放送回に出演、その奇行ぶりが明かされ、話題を呼んでいる。

 同番組は、矢部浩之(ナインティナイン)とマツコ・デラックスが司会となり、世間的に型破りである“アウトな人”を紹介するというトークバラエティ番組で、2013年10月には“ジャニーズのアウトな人”としてV6の三宅健が登場。同じグループのメンバーである岡田准一への嫉妬心を赤裸々に語るなどして、大きな反響を呼んだ。先週5月7日の放送回では、ジャニーズから2人目の出演者となる塚田僚一が、プライベートでライブに通うほどハロー!プロジェクトのアイドルグループ・℃-uteのファンであることを語ったほか、「お酒を飲むと性欲が高くなる」ことを告白。ジャニーズアイドルらしからぬ発言の数々に、司会のふたりも驚きを隠せないようだった。

 昨夜5月14日放送の同番組では、塚田とともに同グループのメンバーである戸塚祥太が参加。先住民の格好でライブに登場し、「母なる大地と空とユニバースとかに祈った」エピソードなど、常人の理解を越えた行動について紹介された。ジャニーズファンの間では、戸塚のエピソードにはさらに過激なものが多数あることから、物足りなさを指摘する声も目立ったが、一般視聴者には強い印象を残したのではないだろうか。

 ジャニーズでは最近、ほかにもSMAPの稲垣吾郎が『ヒロくん』と呼ぶ半同居人をTV上で紹介したり、Kis-My-Ft2の宮田俊哉が自らのオタク趣味を堂々と公開するなど、一般的なジャニーズのイメージからはかけ離れた私生活や行動を明かし、注目を集めるケースが増えている。いったいそこにはどんなメリットがあるのか。ジャニーズの動向に詳しい芸能ライターの佐藤結衣氏は、次のように語る。

「塚田さんや戸塚さんがかなり風変わりな人物であることは、ファンには周知の事実でしたが、地上波でそのことをさらけ出すとは思わなかったので、少々驚きました。塚田さんにいたっては、好きなアイドルのイベントに行っていたために自分の打ち合わせに遅刻したエピソードなども披露していて、内心ヒヤヒヤもしました。しかし多くの男性には親近感を抱かせたでしょうし、もともとファンの人はそういったところも含めて彼を慕っているので、とくにマイナスにはならないのかもしれません。それよりも『ジャニーズなのにこんな変なひとがいるんだ!』というインパクトの方がすごくて、結果的にA.B.C-Zに注目が集まったのでは」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版