>  > ワンオク、スタジアムライブに6万人熱狂

横浜スタジアム公演『Mighty Long Fall at Yokohama Stadium』レポ

ONE OK ROCK、スタジアム・バンドとしての実力を発揮 圧倒的なスケール感に6万人が熱狂

関連タグ
ONE OK ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oneok-01th_.jpg世界的にも人気が高まってきているONE OK ROCK。

 ONE OK ROCKが9月13・14日に神奈川・横浜スタジアムにて、ワンマンライブ「ONE OK ROCK 2014 “Mighty Long Fall at Yokohama Stadium”」を開催。圧巻のパフォーマンスを披露し、両日合わせて約6万人のオーディエンスを熱狂させた。

 2012年のツアー「Start Walking The World Tour」からは、海外での活動も精力的に行ってきたONE OK ROCK。国内では久しぶりの単独公演だったうえ、初の野外スタジアムライブということで、オーディエンスの期待も高い。

 初日に引き続き、快晴に恵まれた2日目。開演時刻になるとステージ上に設置された巨大なLEDスクリーンに映像が投影され、会場は大歓声に包まれる。ステージに現れたTomoya(Dr)が力強いドラミングを開始すると、Toru(G)とRyota(B)も続けてステージの両脇から登場。そして、ステージの中央からTaka(Vo)が姿を見せ「待たせたなお前ら!」と煽り、そのまま1曲目「アンサイズニア」で幕をあける。パワフルかつ疾走感のあるロックナンバーで会場を一気に盛り上げ、そのまま「Deeper Deeper」「Nothing Helps」へ。4曲目「Let’s take it someday」では、3万人近いオーディエンスがジャンプし、横浜スタジアムが大きく揺れた。

oneok-02th_.jpgドラマーのTomoyaは、笑顔で演奏を続ける姿も印象的だった。

 5曲目「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」では曲調が一転、クリーンアルペジオから始まる壮大かつエモーショナルなバラードロックで、Takaは艶っぽいボーカルを存分に聴かせる。続く6曲目「Clock Strikes」では、Takaが「俺の後に続けて声を出せるか?」と煽り、会場は大合唱に包まれた。そしてTakaが一度ステージから姿を消すと、Tomoya、Toru、Ryotaによるスリリングなセッションが開始される。まさに“一触即発”というべき掛け合いはエキサイティングで、オーディエンスは固唾をのんでその様子に見入る。

 その後、ステージに再び戻ってきたTakaは、熱のこもったMCを開始。「俺ははっきり言って学歴もなにもない人間だが、しかし誰よりも自分を信じてやってきた。(中略)人生を賭けて、俺は何かをやり遂げる必要がある!」と力強く宣言すると、メッセージ性の強い楽曲「69」「未完成交響曲」を続けて披露。夜の気配が近づく中、会場は祝祭的な雰囲気に包まれた。

 10曲目には、映画『るろうに剣心 京都大火編』主題歌となる「Mighty Long Fall」を演奏。ここから舞台演出も加速、ステージ前方からは炎があがり、強烈なストロボとともにエッジの効いたサウンドを響かせる。そのパフォーマンスのあまりの凄さに、演奏が終わった後は一瞬、オーディエンスが静まり返るほどだった。

      

「ONE OK ROCK、スタジアム・バンドとしての実力を発揮 圧倒的なスケール感に6万人が熱狂」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版