>  >  > 海外でブレイク「逆輸入バンド」5選

少年ナイフ、FACT、Taffy、BO NINGEN……海外で評価されている“逆輸入バンド”まとめ

関連タグ
BO NINGEN
FACT
少年ナイフ
ROCK
洋楽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140127-ShonenKnife.jpg

世界的に活躍するガールズ・バンド、少年ナイフ。

 MAN WITH A MISSIONの海外進出など、日本のメジャーバンドが海外展開を仕掛けていくのが当たり前となった昨今。youtubeやsound cloudの普及により、流通を介さずに海外のリスナーが日本のバンドを見つけるきっかけも多くなり、両者のコミュニケーションは活発になりつつある。それもあってか、自国のリスナーよりも先に海外のリスナーの間で人気者となる「逆輸入バンド」が、近年増えている傾向にある。先駆けとなっている少年ナイフをはじめ、現在まさに“逆輸入“されようとしているバンドも合わせて紹介したい。

少年ナイフ

少年ナイフ - Super Group

 少年ナイフは1981年に結成されたガールズ・バンドで、パンクやニューウェイヴのサウンドを踏襲しつつ、独自のポップ性をもった音楽世界を確立させた。海外進出バンドの先駆け的存在で、アメリカ、イギリス、ヨーロッパで人気を博し、1992年に日本、アメリカ、イギリスでメジャー・デビューも果たした。80年代後半からは同世代であるニルヴァーナやソニック・ユース、レッド・クロスといった大御所バンドからもリスペクトされ、日本とアメリカをロックでつなぐ架け橋となった。現在もコンスタントにを継続しており、4月16日(水)には約2年ぶりとなるニュー・アルバム『Overdrive(嵐のオーバードライブ)』を日本・北米・欧州同時発売でリリースする。

FACT

Fact - "A Fact Of Life" [Official Video]

 1999年に結成された、トリプルギター&ツインボーカルによるハードコアやスクリーモ、スラッシュメタルなどの骨太の音を軸に、ドラムンベースなどダンスミュージックを混ぜ込んだ変則的な展開を見せる音楽で、海外のオーディエンスを魅了しているバンド。2009年8月に行われたイギリスのSonisphere Festivalでは、サブステージでの演奏を予定していたが、メインステージのバンドの到着が遅れたことにより、急遽入れ替えでメインステージに立ち、アウェーの状態から最終的にはそれをひっくり返してみせた。その数日後に行われたサマーソニックでは、オープニングアクトとして過去最高の動員記録を樹立するというストーリーを持つバンド。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版