【東海オンエア・コンビ分析】第六回 虫眼鏡&りょう 常識人たちが2人きりの際に見せる顔

 6人組人気YouTuberグループの東海オンエアが、サブチャンネル「東海オンエアの控え室」にて、動画「自宅待機からの復帰 トークのリハビリをしよう」を更新。久しぶりに再会した仲睦まじい様子が届けられた。

自宅待機からの復帰 トークのリハビリをしよう

 ゆめまるが新型コロナウイルスに感染したことを受けて、濃厚接触者となったメンバーも2週間の行動自粛と健康観察に。幸いメンバーに陽性者はおらず元気な様子でカメラの前に集合することになった。念の為この日も動画には参加していないゆめまるも、自身のTwitterで味覚障害が治り元気に寿司に舌鼓を打っているというツイートをして、ファンを安心させている。

 メンバーの言葉を借りるなら「1年の24分の1」という長い時間を自宅待機となった東海オンエア。しかし、毎日変わりなくメインチャンネルの動画をアップし続けたのは、さすが登録者数605万人を超えるモンスターYouTuberグループといったところだ。

 とはいえ、彼らがこれほどの時間直接会わないというのも、めったにないこと。少々ぎこちない会話が繰り広げられるのも面白い。てつやととしみつはそれぞれの個人チャンネルを通じて『マインクラフト』でコラボしていたことから、まるでオフラインで初めて会う人のようなリアクションを繰り広げる。

 「(リアルに)いるんだって思って!」(としみつ)、「いやー、ゲームの中っていうか、通話の中の人だと……これオフ会でしょ?」(てつや)とコントテイストに盛り上がる2人に「こっちが日常なんよ、こっちがリアルなんよ!」とツッコむのはりょうだ。「これが夢じゃなくて?」とまだまだボケ続けるてつやに、しばゆーも「あ、夢じゃないんだ」とノッてくる。

 そして全体の会話が止まりかけると、「りょうくん何してたの?」と新たな会話のボールを投げ入れるのが虫眼鏡だ。「トークのリハビリ」と銘打ったこの動画では、東海オンエアの会話でツッコミ役と全体の指揮役を取る、りょうと虫眼鏡の立ち回りがよく見えてくる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる