【東海オンエア・コンビ分析】第四回 ゆめまる&しばゆー 友達とYouTuberを切り替えるスイッチに

 まだまだ緊急事態の続く、2021年の夏。思い切り遊ぶことができない夏休みをYouTubeと共に過ごしているという人も少なくないだろう。そんな視聴者たちを楽しませたいと大型企画を実践するなど精力的に活動する人気YouTuberたち。なかでも、チャンネル登録者数600万人を突破した東海オンエアの取り組みは抜きん出ていた。

【開会式】リレー形式で夏休みの宿題RTA !

 学生たちにとって夏を楽しむ上で避けて通れないのが“夏休みの宿題“。そこで、東海オンエアは彼らが住む愛知県岡崎市の中学校から宿題サンプルを提供してもらい、メンバー6人がリレー形式で分担して1日で攻略する企画を行なった。その様子をライブ配信することで一緒に宿題や仕事に取り組めるようにしたり、メンバーが詰まった問題を共に解いていく面白さを提供したり……と、夏の憂鬱な時間さえもエンタメに変えていく手腕は「さすがトップYoutuber」といったところ。

【大型企画】第一回 スワンボートレース〜東海オンエア杯〜

 さらに、YouTuberドリームを実現した彼らは、その潤沢な収益をより面白い企画へと惜しみなく投資。ボートレース場を貸し切り『スワンボートレース〜東海オンエア杯〜』を実施したり、琵琶湖のほとりにある旅館を貸し切って2年ぶりに復活した大人気シリーズ『寝たら即帰宅』の企画は多くの視聴者を喜ばせた。

【伝説が帰ってきた】第3回!寝たら”即帰宅”の旅!Part1

 同級生とバイト先の先輩という旧知の仲で結成された東海オンエア。彼らの動画を見ていると、その仲間に入ったような感覚が湧いてくるのが最大の魅力だ。しかし、チャンネル登録者数が増えていくにつれて社会に対する影響力は大きくなっていく。

 仲間内のワチャワチャと、多くの人に見られているという意識。遊びの延長でもあり、仕事になっているということ。一見すると相反するものを受け止めて、バランス良く活動していくことが昨今の人気YouTuberとってに必須のスキルになってきたように思う。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる