はじめしゃちょー、ヒカルの誕生日に“1億円掴み取りチャレンジ” 視聴者を巻き込んだ壮大なプロレスも

 なんとも羽振りのいい動画がYouTubeで公開された。はじめしゃちょーがヒカルに対して、“1億円を掴み取りチャレンジ”というバースデープレゼント企画を決行したのだ。

はじめしゃちょーと縁切りました

 この企画の発端はヒカルが8月14日に「はじめしゃちょーと縁切りました」と題した動画を、プレミア公開で更新したことから始まる。これは、はじめしゃちょー個人に向けた動画で「2カ月を過ぎても誕生日を祝われていない」「誕生日祝いのお返しがきていない」「苦渋の決断ではあるがはじめしゃちょーとは縁を切る」と発言したのだ。しかし、動画内はラファエル、相馬トランジスタ、ありしゃんが電話で登場するなど、ある種、YouTubeのコント的な雰囲気も漂っていた。

ヒカルさんに縁切られました。電話してみます。

 はじめしゃちょーはヒカルの投稿を受けて「ヒカルさんに縁切られました。電話してみます。」と題したアンサー動画を更新した。そこではじめしゃちょーはヒカルに電話をかけてみたが、電話口のヒカルはあまりにもよそよそしい態度……「はじめしゃちょーのことはもちろん好き…でも好きが募り募ってそれが憎悪に変わってしまった。そういうこと」と告げ、通話も一方的に切ってしまった。

 縁を切られて落ち込むはじめしゃちょーと誕生日プレゼントのお返しがなかったと気持ちが沈むヒカル……このトップYouTuber2人のなんともキュートかつシュールな掛け合い動画は、それぞれ急上昇ランキングに入るなど、大きな話題となっていた。

 この振りをどう回収するのかーー? そこで公開されたのが「ヒカルに1億円の掴み取りさせたら大変な事になってしまった。」と題した動画だ。はじめしゃちょーは友人のヒカルのために1億円を用意し、掴み取りチャレンジドッキリ企画を行った。

 ルールはヒカルが、UFOキャッチャーのクレーンのように吊られて、ビニールプールの中に集約された1億円を掴み取りし、ゴールの箱まで移すというもの。ヒカルはなんと、5007万円をゲットした。

 この結果にヒカルは笑いつつ「これで懐を肥やすというのはおかしいので、この金の使い道は、はじめしゃちょーとのYouTube企画で使いたい」と宣言。金銭の受け渡しは一旦なしで、今後5007万円を使ったコラボ企画が行われるようだ。

 それにしてもお互いのチャンネルを利用して、視聴者を巻き込みつつ、ドッキリ企画をここまで盛り上げた2人。日本のトップYouTuberの行動力とアイデア力が垣間見えた動画となっていた。もちろん、ヒカルとはじめしゃちょーの友情は続く。今後も彼らのコラボ動画に期待しよう。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる