中尾明慶、後輩俳優のため「Honda GB350」の値下げ交渉 広がる“バイク好き芸能人”の輪

 中尾明慶が自身のYouTubeチャンネル「中尾明慶のきつねさーん」にて、後輩俳優のバイク購入をアシストする動画を公開した。

 中尾は実は大のバイク好き。かつては「Kawasaki Z1」を所有し、現在は「Kawasaki Z750FX」を乗り回している。最近では、“ハンバーグ師匠”ことスピードワゴン・井戸田潤のカスタムした「ハンターカブ ホンダCT125」に感化されて、「2006年式 スーパーカブ90カスタム」のベース車両を購入し、カスタムする様子をYouTubeチャンネルで届けている。

 バイク好きの周りにはやはりバイク好きが集まる。中尾が井戸田に触発されてカブを衝動買いしたように、中尾のチャンネルを観て、「バイクが欲しくなった」という俳優が一人、6月4日公開の動画に登場した。

 その俳優とは、南川泰規。中尾とはNHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』で共演した縁がある。中尾は「この間いきなり『僕、バイク欲しいんすよ』っていうLINEがきて。『そうなの?じゃあ、見に行く?』って言う」と経緯を説明し、宮川を連れて、イギリスのモーターサイクルブランド「MUTT Motorcycles」のショールームへと訪れた。

 南川が目を付けていたバイクは「MUTT Mongrel 250」で、価格は63万8000円。試乗させてもらえるとわかると、せっかくだからと、南川だけでなく、中尾も同バイクに跨った。公道を疾走しながら中尾は「なるほどね。軽いわ」と言い、「銀行行っちゃう?このまま(笑)」とすっかり自分が欲しくなっている様子だった。

 しかし、南川にはもう1台、気になるバイクがあった。そのバイクとは「Honda GB350」。6月8日公開の動画でHondaの販売店へ訪れた中尾と南川。お目当ての「Honda GB350」を目の当たりにした南川は、一目ぼれしてしたらしく、「今、こっちに傾いてますね」と漏らした。

【感動】遂に仲間が増えました

 南川が本気で購入を検討していることを知り、中尾も動く。U39割があることを知ると、店舗スタッフに「それがもう限界ですか?」と尋ね、「(南川が)28歳だから、U29割ないですか?(笑)」と値下げ交渉を始めた。その結果、店舗スタッフから「頑張れる範囲でやりたいと思います」という言葉を引き出すことに成功していた。そんな先輩俳優の献身的振る舞いを受けて、南川は腹を決める。「じゃあ、買います。これに決めました」と決断。中尾は「人の買い物観てるのって楽しいよね。自分の買うときはもちろんなんだけど、興奮するじゃん」と目を細めた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる