ぐるなびPay、UNIQLO Pay……こんな“ペイ”まであった 知られざるその用途とは

ぐるなびPay、UNIQLO Pay……こんな“ペイ”まであった 知られざるその用途とは

 昨今ではPayPayやLINE Pay、メルペイなど、「〇〇ペイ」と呼ばれるキャッシュレス決済が普及し、徐々に定着化しつつある。さらに新型コロナウイルスの感染拡大によって、非対面・非接触の方法としてキャッシュレス決済の浸透は急速に加速したことだろう。

 そんな「〇〇ペイ」だが現在ではPayPayやLINE Payのように「どこでも使える決済サービス」を目指さず、ターゲットに応じたシステムを展開しているものも存在するようになった。

 今回は、まだあまり知られていない「〇〇ペイ」の一部をご紹介する。

画像:PRTimesより

UNIQLO Pay

引用:ユニクロより

 言わずと知れたアパレルブランド、UNIQLOが2021年1月にリリースした決済機能だ。

 「UNIQLO Pay」は、UNIQLOアプリに銀行口座もしくはクレジットカードを登録すると全国のユニクロ店舗(オンラインストア・一部店舗を除く)のレジにて、アプリ内の「会員証QRコード」を提示するだけで、簡単かつスピーディに決済できるサービスだ。登録料は不要で、手軽に利用できる。

 これまでの決済方法は、会計の際に有人レジとセルフレジともに、UNIQLOアプリを起動して会員証を提示した後、改めていずれかの決済手段を使って支払いをするという少し手間のかかる形式だった。しかし、UNIQLO Payのを使えば、会員証を提示してコードを読み込めば、そのまま決済も完了するというわけだ。

 急いでいるときにUNIQLO Payを使うことで少しでも決済がスムーズに進めば、焦らず買い物ができるだろう。ただ、UNIQLO Payは、現時点でUNIQLO以外の店舗では使えないため注意が必要だ(GUなどの系列店でも使えない)。また銀行口座を決済方法として紐づける際、利用可能な金融機関は三井住友銀行、三菱UFJ銀行などの5種類と限られているため、事前に自分の口座が対応しているか確認しておこう。

MUJI passport Pay

引用:無印良品より

 シンプルでお手頃な雑貨を販売する無印良品が提供するのが、「MUJI passport Pay」。手数料、費用は完全無料で使用できる店舗は無印良品のみ(一部店舗を除く)となっている。

 事前に「MUJI passport」アプリの中にクレジットカードの情報を登録し、アプリの画面上に表示される支払い用バーコードの提示をするだけで、キャッシュレスで買い物をすることができる。アプリひとつで支払いを完了させ、購入金額に応じた「MUJIマイル」も同時に付与される点はUNIQLO Payと同じ構造だ。しかしMUJI passport Payの場合は決済方法がクレジットカードのみのため、銀行口座等を紐づけたい場合は設定できないため注意が必要となる。

 まだ全店舗では対応しておらず、一部店舗では取り扱っていないがMUJI passportでは商品情報や店舗情報も受け取れるほか、店舗での買い物に利用できる「ご優待クーポン」も取得が可能なため、無印愛好家であれば、アプリ取得と同時にMUJI passport Payにも登録して、今後に備えておくというのもありだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる