決済や健康管理ができる“未来の指輪” あらゆる役割が指先に集約される『EVERING』とは

決済や健康管理ができる“未来の指輪” あらゆる役割が指先に集約される『EVERING』とは

 カードやスマホ、時計など、今や決済用のツールやデバイスを上げれば枚挙に暇がない。キャッシュレス化の流れによって、お財布を出さずに生活できてしまうほどにそれらのツールやデバイスは世に浸透している。

 その流れを受け、キャッシュレス先進国であるイギリス発のスマートリング『EVERING(エブリング)』が2021年春より日本で発売開始となる。一見するとただの指輪にしか見えないシンプルなデザインだが、一体どんな機能があるのだろうか?

『EVERING』が可能にする様々な役割とは

引用:公式サイト動画より

 『EVERING』は指輪の形をしたスマートデバイスである。スマート決済を可能にし、その他ID認証や健康管理、またはスマートキーとしての役割を果たす。

 指に装着して持ち運びができるため、レジの前で慌てて小銭を数えたり、スマホを取り出すのにもたつく必要はなくなる。

 リングは専用アプリを連携させ、お金をチャージして利用する仕組みとなる。登録できる国際カードブランドは、VISA/Mastercard/JCB/AMEX/Dinersと幅広い。

 また、独自の技術によってなんと充電の必要がないのも特筆すべき事だろう。この『EVERING』は自分で勝手に発電もしてくれる、あまりにも優秀なデバイスなのだ。

 これにより、「うっかり充電するのを忘れていて、使いたい時に使えない」なんて事がなくなる。あらゆるデバイスユーザーがわずらわしさを感じている、「充電残量」を気にする必要がないのは画期的と言えるだろう。

 また、万が一紛失した際にもアプリからすぐに停止できるので、「モノをすぐになくしてしまうから怖い」という人も安心だ。

『EVERING』はデザインも美しくスマートである

引用:公式サイト動画より

 『EVERING』の魅力はその機能性だけではない。シンプルなこのスマートリングは黒と白の2種類が用意されており、いずれも非常にミニマルで美しいのが特徴だ。

 スマートリングのデザインがいまいちだったら、ファッションに気を遣う人はなかなか手が出ない。その点、この『EVERING』は非常にニュートラルなデザインが魅力で、老若男女誰が着けていても違和感を感じない。

 どんなファッションにも合わせやすいため、毎日使うデバイスとして何の問題もないデザインだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる