ガチャガチャからお賽銭まで……町に溢れる”キャッシュレス”を調査

 2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、6月末まで対象店舗でキャッシュレス決済を行うとポイント還元が受けられる「キャッシュレス・ポイント還元事業」が行われている。面倒な手続きがなくスムーズな決済ができることに加え、ポイント還元などの嬉しいメリットもあり広がりを見せているキャッシュレス化。そこで、今までは小銭で支払いをしていた意外なものがキャッシュレス化できると知り、調査してみた。

ガチャガチャがキャッシュレスに!?

 ソニックジャムは、各種QRコード決済に対応した次世代ガチャガチャ(カプセルトイ)「ピピットガチャ」の予約受付を2月より開始した(レンタルは6月以降随時)。

 「ピピットガチャ」はQRコードリーダーとインターネットへの通信機能を内蔵していて、スマホに表示したQRコードを読み取ることでその場で決済を実行できる。そして決済完了後は従来のガチャガチャと同じように回せる仕組みになっているという、キャッシュレスの利便性とガチャ本来のワクワク感を併せ持った、画期的なガチャガチャだ。

QRコードでキャッシュレス決済

 QRコードを使ったガチャガチャの利点は、小銭が不要のため両替をする手間が省けること。そして、もう一歩経営側の視点に立てば、ソーシャルゲームの“ガチャ”が一般的になったなかで、同じ感覚で大人買いなど1人あたりの購入回数が増える可能性もあるだろう。

 また、自由な価格設定が可能なため単価を上げ、ブランド品や高額商品の販売にも利用可能。各種スマホ決済サービスの連携による売り上げアップに加えて、インバウンド客が利用しやすく簡単にガチャガチャを楽しむことができる。

独自QRコードを発行して配布

 複数回や期間限定など様々な設定QRコード発行が可能なのも特徴だ。これにより、会員サービスやアプリと連動してネット顧客に配布することで、店舗への来店を促す販促ツールとして効果を発揮できるとされている。また、QRコードを利用してどの会員がどの商品を選んだかなどアンケートや顧客データを簡単に収集できる。ガチャガチャを利用したビジネスマーケティングにも活用することが可能だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる