中国自動車メーカーGeely、TencentやAppleサプライヤーら世界的テック企業と提携

中国自動車メーカーGeely、TencentやAppleサプライヤーら世界的テック企業と提携

 中国の自動車メーカーGeely(吉利)は、1月だけで世界的な大手テクノロジー企業3社と提携した。これは日本の自動車業界にも大きな脅威となりうる。

Tencentとあらゆるデジタル化

 Geelyは1月19日、Tencent(騰訊)とデジタル化、インテリジェント・コックピット、自動運転、低炭素開発の分野における戦略的提携を発表した(参考:http://global.geely.com/media-center/news/geely-auto-group-and-tencent-sign-cooperation-agreement-on-intelligent-cockpits-digitalization-autonomous-drive-and-low-carbon-development//)。

 製品開発、製造、マーケティング、車両活用、アフターサービスといった自動車製品ライフサイクルのあらゆる側面のデジタル化を行う。

 また、次世代のインテリジェント車両コックピットの開発に取り組み、GeelyとTencentのエコシステムを統合し、新しいモバイル・モビリティサービスアプリケーションを開発し、ユーザーエクスペリエンスを向上させる。また自動運転システムのシミュレーションテストと検証、そして自動車産業の低炭素開発とカーボンニュートラルを促進する。

 GeelyのCEOであるAn Conghui氏は次のように述べる。

「世界の自動車産業は激動の時代に直面しており、新しいテクノロジーが業界を再構築しています。将来を見据えて、協力、共同開発、革新は必須です。 GeelyとTencentは3年間の協力でパートナーシップを深め、自動車のバリューチェーン全体のデジタル化に取り組んでいます」

 Tencentクラウド・スマートインダストリーグループのTang Daosheng氏は「TencentとGeelyは、2018年以来、協力関係にあり多くの成果を上げています。今日、モビリティーセクターのデジタル化は新たなレベルに達しています。Geelyの戦略的デジタルパートナーとしてデジタル変革を促進し、自動車産業の持続可能な発展を支援します」と述べる。

 GeelyとTencentは2018年、中国鉄道(CR)と合弁会社を設立し、高速Wi-Fi、高速鉄道モビリティーサービスアプリケーション等のデジタルサービスを開発。Geelyが出資するECARXは2019年、Tencent Autoとインテリジェント接続サービス、共同ユーザーオペレーション、AI、クラウドサービスで協業。現在、Tencentの自動車アプリケーションは、いくつかのGeelyや傘下Lynk&Coのモデルに統合されている。

BaiduとEV会社を設立

 Tencentはモバイルアプリ、マルチスクリーン・インタラクション、スマートサーフェス、インテリジェント・スピーチ等、運転手や乗客がアクセスできる機能でGeelyと協力すると『CNN』は報じている(参考:https://edition.cnn.com/2021/01/20/tech/geely-auto-tencent-partnership-intl-hnk/index.html)。

 Tencentクラウドコンピューティング部門は、人工知能アプリケーションを開発しており、自動車セクターでも活用可能だ。Geelyは、BaiduやFoxconn等の大手テクノロジー企業と提携し、技術力の向上を目指していると『CNBC』は報じている(参考:https://www.cnbc.com/2021/01/19/tencent-and-chinese-automaker-geely-team-up-on-smart-car-tech.html)。

 Geelyは今年に入り、中国の検索エンジン最大手Baidu(百度)と戦略的提携し、電気自動車(EV)会社を設立することを発表したばかりだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる