“金持ちYouTuber”ヒカル、数千万円単位の高額寄付&社会貢献で体現する「やらない善よりやる偽善」

 そしてこの度、自分と周囲を豊かにするだけでは飽き足らず、見ず知らずの子供たちを支援するという社会貢献活動にも取り組み始めたヒカル。多くの資産家が稼ぎに稼ぎつくした結果、慈善事業に自らのミッションを置くことはよくあるが、総資産40億円のこの男もとうとうそういうフェーズに入ったのだろうか。

 今回投稿された動画でヒカルは「お菓子の家を作りにいって色々な感情を抱いた」と言い、「続けていくことで心が洗われる。今まで自分がしてこなかったことをすることで、新しい変化もあるんじゃないかな」と話していてた。

 社会貢献や寄付は黙ってやるものだ、という考えも根強いが、「いくら叩かれようがかまわない」というブレないメンタルとエンタメ精神を持ったヒカルは、「動画で寄付をする」→「再生数に応じて収益が上がる」→「また寄付を行う」という、善意だけでは必ずしも継続性を伴わない、社会貢献のサイクルを確立しつつある。

 「やらない善よりやる偽善」。その言葉を潤沢な資金と圧倒的な行動力で体現するヒカルから、今後も目が離せなくなりそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる