本郷奏多はなぜYouTuber向きなのか? 早くもチャンネル登録者数10万人を突破

 11月2日にYouTubeチャンネルを開設、11月15日に初めての動画を投稿したばかりの俳優・本郷奏多が、早くもチャンネル登録者数10万人を達成した。

 30歳の誕生日に憧れだったというYouTubeチャンネルを開設した本郷。初回の動画では「僕自身、YouTubeを見るのが大好きで、何年か前からか“必ずYouTubeを見る”のが日課になっていました。ここ最近、いろんなYouTuberの方と仕事やプライベートで一緒になる機会が多くて、楽しそうだな・自分もやってみたいなという思いがどんどん大きくなっていきました」と語っていた。

本郷奏多、YouTube始めます。【本郷奏多の日常】

 “多趣味”の本郷は、撮影も編集も自身で行う。また、チャンネル名に「本郷奏多の日常」と冠した通り、動画ではゲームをしたり、プラモデルを作ったり、友達と遊びに行ったりする普段の様子を投稿していくという。

 本業は役者。その為「更新は不定期になってしまう」とコメントしていたが、「何事も始まりが大切だと思うので、年内いっぱいは毎日投稿しようかなと考えております」と決意していた。実際、多趣味を活かした多種多様な動画を日々投稿し、専業YouTuberと見紛うばかりの熱量で、ファンを楽しませている。6人組のモンスターグループ「東海オンエア」をはじめ、交流のあるYouTuberも多く、あらためて適性の高さを感じるところだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる