iPhone 12 Proは世界最速のスマホーーアプリ読み込み速度でSamsung Note 20 Ultraに勝利

iPhone 12 Proは世界最速のスマホーーアプリ読み込み速度でSamsung Note 20 Ultraに勝利

 『PhoneBuff』は11月4日、スマホのアプリ読み込み速度テストの結果、「iPhone 12 Pro」が「Samsung Note 20 Ultra」を破り、世界最速のスマホの称号を得たことを発表した。

アプリのスピードを同じ条件で比較

 主な仕様は「iPhone 12 Pro」が「3.1 GHz Apple A14 Bionic、6 GB RAM、NVMe Storage」。対する「Samsung Note 20 Ultra」は「3.1 GHz Qualcomm Snapdragon 865+、12 GB RAM、UFS 3.1 Storage」だった(参考:https://www.phonebuff.com/speed-test)。

 このテスト結果を受けて『MacRumors』は、詳しく報じている(参考:https://www.macrumors.com/2020/11/04/iphone-12-pro-wins-app-loading-speed-test/)。

 このパフォーマンステストでは、それぞれの機種がFacebook、カメラアプリ、Microsoftアプリ、Adobe Rush、ゲーム等、一連のアプリを開くのに要する時間を測定した。

 「iPhone 12 Pro」は、Adobe Rushでのビデオのレンダリング等のテストで大きく前進し、ゲームの立ち上げでもリードを維持した。「iPhone 12 Pro」が、1周目でアプリを開くのに1分41秒を要したのに対して、「Samsung Note 20 Ultra」は1分55秒だった。

 スマホのバックグラウンドでのアプリ実行を測定する2周目では「iPhone 12 Pro」の42秒に対して、「Samsung Note 20 Ultra」は46秒だった。その結果、「iPhone 12 Pro」がテスト時点で入手可能な最高のパフォーマンスのスマートフォンだということが証明されたと同メディアは伝えている。「iPhone」としては20カ月ぶりの王座返り咲きだという。

サイズは、小さいのと大きいのどちらがいい?

 速度は重要な要素だが、スマホを選ぶ際に考慮するのはそれだけではない。iPhone 12 シリーズでは、iPhone 12 mini(5.4インチ)からiPhone 12 Pro Max(6.7インチ)まで、4モデルあり、サイズに幅ができた。小さいものも大きいものも一長一短あり『The Verge』は映像を交えながら詳しく解説している。

iPhone 12 mini vs 12 vs 12 Pro Max size comparison

 まずおさえておきたいのは、このインチはスクリーンのサイズであり、その外側のベゼルがスリムになり薄くなったため、大画面の割には手に持った感覚は小さくなっているということだ(参考:https://www.theverge.com/21551240/iphone-12-mini-vs-pro-max-hands-on-photos-comparison-apple-size)。

 iPhone 12 miniは、てのひらに収まり、片手でスイスイ操作できる。ボディが小さいということは、バッテリーの容量も小さくなっており、バッテリーの持続時間は自ずと短くなる。

 iPhone 12 Pro Maxは、史上最大のiPhoneだ。バッテリーも長持ちし、映画等を観る際には、スマホとしては大画面で、迫力があるだろう。また、画面が大きいため、両手で丹念に作業する際は、操作しやすい。しかし高級モデルのため値段は高くなる。

 エントリーモデルに比べて、ハイエンドモデルでは、機能も充実しているため、自分に必要なものがあるかもチェックしたい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる