iPhone 13は埋没型Touch IDとミリ波完全対応? 完全ポートレス化は“難しい”か

iPhone 13は埋没型Touch IDとミリ波完全対応? 完全ポートレス化は“難しい”か

 iPhone 12シリーズが発表されて間もないが、早くもiPhone 13(仮称)の仕様予測が始まっている。iPhone 13ではiPhone 12では不完全であった機能が完全になり、待望のあの機能が実装されるかも知れない。その一方でiPhone 12で顕著になったある特徴に関しては、さらに進化するのが難しいようだ。

完全5G対応チップを搭載

 US版Forbesは22日、iPhone 13の仕様予測に関する記事を公開した。その記事によると、Appleと大手チップメーカーQualcommとのあいだで交わされた内部文書が流出し、その文書には今後4年間におけるAppleの5G対応計画が記されていたのだ。その計画によれば、2021年にQualcomm製の最新5G対応モデムを搭載することによって、iPhone 12において妥協せざるを得なかった機能を改善できるというのだ。

 iPhone 12にはQualcomm社のX55 5Gモデムが搭載されているのだが、このモデムは高額で消費電力が大きいものであり、さらには5Gに完全対応しているものでもなかった。同モデム搭載による高コストを相殺するためにイヤフォンと有線充電器の同梱を廃止して、120Hzで描画するProMotionディスプレイも消費電力の関係であきらめた。さらに、5G通信規格のなかでも高速なミリ波も、アメリカ以外は非対応にすることを余儀なくされた。

 2021年に(iPhone 13に)搭載予定のQualcomm製最新モデムX60は、iPhone 12での妥協点を克服できると考えられている。まず同モデムの搭載により、おそらく全世界でミリ波対応となるだろう。消費電力も小さくなるので、ProMotionディスプレイを実装する可能性もある。もっとも、同モデル搭載に要するコストも小さくなると予想されるものも、イヤフォンと有線充電器の同梱が復活するのは難しいかも知れない。というのも、Apple純正ワイヤレス充電器MagSafeが発表されたことにより、有線充電器はマイナーな機器となるかも知れないからだ。

 さらにiPhone 13では、ノッチがより小さいデザインが採用されるという噂もある。以上のように、iPhone 13はとくに5G関連機能に関してiPhone 12より完全なものとなりそうだ。

あの有名リーカーもフォローするリーカーがツイート

 テック系メディア『BGR』は18日、ある中国人リーカーのツイートを報じた。プロフィール欄にAppleのハードウェアニュースをツイートすると明記しているツイッターアカウント名「@L0vetodream」は、16日「MESA uts for iPhone」とツイートした(下のツイート参照)。このツイートに即座に反応したのが、有名リーカーのJon Prosser氏だ。

 以上の一見すると意味不明なツイートに対して、Prosser氏が返信したところによると、「MESA」とはTouch IDを意味するコードネームであり、「uts」とは「under the screen(スクリーンの下)」を意味する略語、とのこと。同氏のメンションから、@L0vetodreamのツイートはiPhoneのためのディスプレイ埋没型Touch IDを意味することになる。

 iPhone X以降、実装されるようになった顔認証Face IDは、周知の通り、コロナ禍により期せずして不便な機能になってしまった。代わって実装が期待されているのが、ディスプレイ埋没型Touch IDだ。この認証機能は、HUAWEIをはじめとした国内外のスマホメーカーがすでに実装しているものである。Appleがこの認証機能を実装する技術力がないとは考え難いので、iPhone 13で実装する可能性は十分にあるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる