スライド式iPhone登場か? ディスプレイ拡張特許をAppleが取得

スライド式iPhone登場か? ディスプレイ拡張特許をAppleが取得

 Appleが「折りたたみ式iPhone」や「折り曲げ式iPhone」を開発していることを示唆する断片が、これまでにいくつも確認されているが、新たに「スライド拡張式iPhone」なるデバイスが考案されていることが明らかになった。

普段はコンパクト、コンテンツを視聴したいときは大画面に

 「Apple TV+」等の コンテンツを視聴するときに拡張できるiPhoneを発明したと『Patently Apple』は報じている(参考:https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2020/10/apple-invents-an-iphone-that-users-will-be-able-to-expand-when-needed-to-watch-apple-tv-content-and-more.html)。

 米国特許商標庁は「スライド拡張式ディスプレイを備えた電子デバイス」に関連するAppleの特許を公開した。これは2020年第1四半期に出願されたもので、最近も開発が活発に行われていることを裏付ける。

 フレキシブルなディスプレイを拡張されたiPhoneフレームにあわせて外側に広げて、スポーツ、ゲームといった5G TVライブ等のコンテンツを、程よく大きな画面で表示できるようになるという。これは、過去に見られた巻物状に広げるディスプレイデバイスの特許よりも馴染みのあるフォームファクタだ。

 スマホがミニタブレットのような形状になる。Samsung Galaxy Z Fold 2のような折りたたみ式のスマートフォンとは対照的に、必要なときだけ、ディスプレイを大きく表示する、より実用的なもののようだ。

 Appleは特許書類の中で、注意を払わないとディスプレイはユーザーが関心のある情報を表示するのに十分な画面領域を提供できない可能性があるとしている。しかし、より大きなディスプレイに対応するために、電子デバイスのサイズ自体を拡大することも難しい場合がある。デバイスが、かさばりすぎるからだ。

OLEDを採用か

 この特許取得を受けて「Appleはより使いやすいスライドアウト式OLEDのiPhoneスクリーンを研究している」と『Apple Insider』は報じている(参考:https://appleinsider.com/articles/20/10/15/apple-researching-slide-out-oled-iphone-screen-for-more-usable-area)。

 図面をよくみると、左右両方に硬いフレーム部分を広げると中央のディスプレイが巻物を広げるように拡張する様子が見て取れる。移動しながら、地図を見るときにも便利そうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる