iPhone 12に秘密の機能……Appleが明かさなかった理由は?

iPhone 12に秘密の機能……Appleが明かさなかった理由は?

 iPhone 12シリーズが無事にローンチされた。多くのアップグレードが行われ「ワイヤレス充電」にも対応した。しかし、Appleがまだ公表していない隠された機能が搭載されている可能性が明らかになった。「ワイヤレス逆充電」に対応しているというのだ。

米連邦通信委員会の書類に記載

 『VentureBeat』のJeremy Horwitz氏が、次の通りツイートしている。

 「新しいMagSafe機能は、Apple FCC(米連邦通信委員会)の書類に隠されていた。デスクトップWPT充電器(puck)で充電できるのに加えて、2020 iPhoneモデルは、360 kHzでのWPT充電機能にも対応し、将来的なAppleのアクセサリを充電できる」

 AppleはiPhone 12シリーズがワイヤレス逆充電できることを発表しておらず、現在市場に充電対象となるようなデバイスも出回っていない。

 AppleがiPhone 12シリーズ発表時にその機能を公式に発表しなかった理由は明らかになっていないが、機能と連動するアクセサリがまだリリースされていないことが理由の可能性があると『The Verge』は伝えている(参考:https://www.theverge.com/2020/10/28/21537855/iphone-12-mini-pro-max-reverse-wireless-charging-fcc-filings-hidden)。

 今後、発売されるAirPodsやAirTagsの充電に使用される可能性も示唆されている。

 Appleが2021年初頭に第2世代のAirPods Proを含む新しいAirPodsモデルをリリースすると『Bloomberg』伝えているが、Mark Gurman記者は、新型のAirPodsを逆充電できるようになるのではないかと述べている(参考:https://twitter.com/markgurman/status/1321250776476348417)。

 Appleは、すでにAirPods用のワイヤレス充電ケースを販売しており、このアイデアは十分に考えうる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「コラム」の最新記事

もっとみる