乃木坂46生田絵梨花、齋藤飛鳥との距離が縮まったことを告白「めっちゃハートの絵文字とか使います」

乃木坂46生田絵梨花、齋藤飛鳥との距離が縮まったことを告白「めっちゃハートの絵文字とか使います」

 その後、視聴者から齋藤飛鳥について話を振られると、生田は「飛鳥ちゃんと最近よく絡んでいますよ」と一言。続けて「最近っていうか、私はずっと大好きだから絡みに行っていたんですけど、なんかスーッと逃げる感じだったのが、最近すっごく愛を返してくれます」とし「皆さん想像できないと思うんですけど、連絡のやり取りとかもめっちゃハートの絵文字とか使います! すごいでしょ! しかも、ハートは一個じゃないんだよ。何個もハート、ハート、ハート……みたいな。そういう感じの仲になりました」と報告した。

 ちなみに、今週火曜日の『のぎおび⊿』に出演した齋藤は、ニュースアプリ『SmartNews』内で配信された『のぎおび⊿』アフタートークにて、生田と撮影の合間にやり取りしたことを楽しげに話し、「生田先生のこと結構、好きかも知れない」と語っていた。

 なおも生田の斎藤についての話は終わらず、「この間、雨が降っているときに『雨~、燦燦と~♪』って歌ってたら、飛鳥ちゃんも一緒に歌ってくれたんですよ! 今までは『あ、はい……』みたいな感じで見てそうなイメージだったから、すっごい乗ってくれるじゃんと思って!」と興奮気味に明かし「もう、どんどんこのまま引き込もうかなと思います!」と、自分のノリに付き合わせていくことを宣言していた。

■こじへい
1986年生まれのフリーライター。芸能・スポーツ・音楽・カルチャーのコラム・リリース記事から、ゲームのシナリオ、求人広告まで幅広く執筆中。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!