>  > ヒカキンが語る腕時計への愛

ヒカキン、腕時計への愛を語る 手放しかけた「1900万円腕時計」のその後は?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気YouTuberのヒカキンが5月15日、自身のYouTubeチャンネル「Hikakin TV」にて、金属アレルギー疑惑で手放しかけた約1900万円の腕時計がどうなったかについて説明した。

金属アレルギー検査したらまさかの結果が…【1900万円の時計のその後】

 事の発端は約4ヶ月前、6人組YouTuberグループ・東海オンエアのチャンネルに、ヒカキンがゲスト出演した時にさかのぼる。その際に、東海オンエアのメンバー・てつやが購入する時計はどれかを当てるクイズが行われたのだが、ヒカキンは正解を当てることができず、罰ゲームとして腕時計を自腹購入する羽目に。しかし、ヒカキンは無類の腕時計好き。そのため罰ゲームとはいえ、思い切って1890万円を支払って買い求めた「オーデマ・ピゲ・ロイヤルオーク・トゥールビヨン・エクストラ シン PGブレス」をいたく気に入っていた。ところが、腕に巻くと金属アレルギーなのか蕁麻疹が出るように。あまりにひどい肌の荒れに耐えかねて、時計を購入した直後に公開された動画の中で、「これを売ってアレルギーの出ない時計を買おうかな……」と“お別れ”を示唆していたのだ。

 それ以来、ファンからは「あの時計はどうなったの?」というコメントが多数寄せられることに。そこでヒカキンは「ついに、これについて話す時がきたか……」として、超高級腕時計の処遇について口を開いた。

 まず、腕時計について単刀直入に「売っていない」と明かして、カメラの前に現物をアピール。また、蕁麻疹の原因として疑っていた金属アレルギーに関しては、病院へ行って17項目に及ぶ厳密な検査を受けたという。検査の結果は見事「シロ」。実際に着用してみたところ、購入当時には湿疹が出ていたにもかかわらず、今は何ともないらしい。

 では4ヶ月前、なぜヒカキンの身体には蕁麻疹が発症したのだろうか? その原因をヒカキンは「年末年始で忙しかったから」と推測。ヒカキンは無理をすると蕁麻疹が身体に出る体質らしく、時計を購入した昨年の年末ごろはろくに寝てない日が続いていたのだとか。いずれにしても、ヒカキンは大好きなオーデマ・ピゲの高級腕時計が再び着けられることに大喜び。加えて「アレルギー検査、しっかりして良かったなと思いました!」と感情を込めて語った。

 さらに「『もう一生ピンクゴールドをつけられない……』っていうめっちゃ悲しいとこから『全部つけれる~!』って嬉しくなって、記念にもう1本ピンクゴールド買っちゃいました!」と、両腕に高級腕時計を付けて見せつけ、「YouTube界の本田圭佑を目指します!」とジョークを飛ばす場面も。

      

「ヒカキン、腕時計への愛を語る 手放しかけた「1900万円腕時計」のその後は?」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版