>  > ヒカキン、“家賃2万円”時代のエピソード明かす

人気YouTuberヒカキン、“家賃2万円”下積み時代のエピソードが明らかに スーパー勤務時代の上司からコメントも

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気YouTuberのHIKAKIN(以下、ヒカキン)が、4月23日に放送された『幸せ!ボンビーガール』に出演。下積み時代の“ボンビー”エピソードを語った。

 同番組は、毎回のゲストをスタジオメンバーには伏せ、その“ボンビー”エピソードを紐解き、ヒントを出しながらスタジオで種明かしするのが恒例になっており、この日も「かつてはオリンピックを目指していた」「高校3年生の時、アーティスト発掘番組を見て音楽活動を始めた」「その時からいつテレビに出てもいいように動画を撮っていた」といった序盤のヒントが明かされ、番組がスタートした。

 その後、新潟の県立高校に通っていたが、芸能界になんのつてもないため、東京の会社へ就職を決意。しかし、東京の求人は2件だけで、その中から創業者もスタッフも新潟県出身者が大勢いる、御徒町駅のスーパー『吉池』を選んだことが明かされた。ここでは乾物コーナーで商品の品出しやPOP作りを行なっており、月給は手取り15万円だったことはファンも周知のエピソードだが、この日は実際に彼の上司だった小林氏へのインタビューも。小林氏いわく、ヒカキンは「とにかく真面目でPOP作りもうまくて、お客さん目線で考えていたんです。今の仕事とも結びつくところもあると思う」と、当時から人を喜ばせるアイデアを持ち、真面目でストイックな性格であったことを語った。

 さらに、番組ではヒカキンが当時住んでいたアパートも明らかに。東十条から徒歩6分にある、木造2階建アパート(会社の寮のため、家賃2万円)だが、そのぶん隙間が多く、ジュースの飲み残しに入ってきたアリが群がっていたこともあったそう。さらに、上京時の所持金が2万円だったため、ココアの粉と見切り品の食パンで作った「ココア食パン」を食べていたという。これを実際にADが食べ「粉が喉に」と咳き込むが、ヒカキンは「むせるんですけど、飲み物を飲みながらだと美味しい」と、当時を振り返っていた。

 さらに、番組は音楽活動の経歴を追っていく。動画きっかけで初めて出演したライブは、渋谷駅から2分のRUIDO.K2で、オールナイトイベントの終盤である午前4時に出演したが、本人いわく「渋谷のイケてる人の前で緊張して。お客さんの方見れなくてフードをかぶっていました」と、成功といえるものではなかったと告白。そのあともeggmanやDESEO miniでライブを重ねるも手応えがなく、ステージに立つのをやめ、“部屋で一番綺麗な音が響く場所”である東十条のアパートの風呂場で、ひたすらビートボックスに磨きをかけたというエピソードが話された。番組で彼の“ボンビー”エピソードが掘り下げられたのはここまでだが、その後の活躍は様々なメディアや動画で取り上げられる通り、というわけだ。

      

「人気YouTuberヒカキン、“家賃2万円”下積み時代のエピソードが明らかに スーパー勤務時代の上司からコメントも」のページです。の最新ニュースでテクノロジー×エンタメをもっと楽しく!「リアルサウンド /TECH/」は、テクノロジー×エンタメの情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版