フィッシャーズが地元・葛飾亀有を大紹介 YouTuber流の地域振興は楽しいものに

 7人組の人気YouTuber・フィッシャーズが2月1日、「【発表】僕たちの地元はいい場所です。」と題した動画を公開。初めて生まれ育った地元を紹介した。

【発表】僕たちの地元はいい場所です。

 冒頭、リーダーのシルクロード(シルク)は、「ネットでいろんな噂が立っていたけれど、初めて堂々と言うと思う。地元を推していこうじゃないかということで」として、自分たちが生まれた場所が違えば、いまのフィッシャーズはなかったと、地元愛を語った。メンバーのンダホ、モトキ、マサイ、ぺけたんも「間違いない」と頷く。

 撮影場所は、ジャンプ漫画『こち亀』でおなじみの「葛飾区亀有公園前派出所」の前。シルクは「俺の名前“りょう”だから」と、『こち亀』の主人公・両さんこと両津勘吉との共通点を語り、縁の深さを明らかにしていた。

 ここから、フィッシャーズとしては珍しい街ブラ企画がスタート。さっそくファンの女性に話しかけられ、メンバーはゆったりと対応する。女性曰く、「子どもが小学6年生で、卒業式にフィッシャーズの『8月の坂』を歌いたいと、先生にかけあっている」とのことだった。フィッシャーズの卒業ソングといえば「サヨナラまたな」で、「8月の坂」という楽曲はないが、大塚純子「8月の坂道」が別候補として挙がっていたのだろうか? メンバーの頭にははてなマークが浮かんだが、いずれにしても、彼らは地元で愛されているようだ。

 亀有駅前にある『こち亀』キャラクターの像と記念撮影をしつつ、商店街「ゆうろーど」を散策。名物「亀有メンチ」を購入していると、また視聴者に話しかけられる。さすが『こち亀』と『寅さん』で知られる人情の街、葛飾。フィッシャーズメンバーも「知らない人に話しかけられるのは当たり前」と語り、モトキは「家を出た瞬間に道を聞かれたことがある」と明かしていた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

映画部Pick Up!